◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05月16日(月)

日本橋発東京スカイツリー船の旅(その弐)

さて、横十間川は北十間川に突き当たります。船はここで左に曲がり、十間橋をくぐると、
DSCN3756.jpg

スカイツリーがドドーンとそそり立ってます。船から見るのが一番低い位置から眺められるのではないでしょうか?
DSCN3753.jpg

これまで遠くの一風景だったものが、橋をくぐった途端に、一気に巨大建築物として目の前に聳える感覚に、「おぉ~!」というどよめきがあちこちから聞こえます。トンネルを抜けると、そこは雪国だった、に近い感覚かもしれないですね。水面が揺れていたので、撮りませんでしたが、川に映る「逆さスカイツリー」も見られます。

船はここでUターンして、また小名木川へと戻ります。江戸時代に千葉県行徳の塩を安全かつ安定的に運搬する為に作られた運河で、自然にできた川ではありません。隅田川、荒川、東京湾に囲まれた地域を江東デルタ地帯と呼んでおり、その大部分が海抜ゼロメートル以下です。小名木川の西方面は、東京湾の干満の影響で2メートル前後水位が変動します。東方面は、ゼロメートル地帯のため、木下川排水機場から、荒川に水を排水して水位を低く保つことで水没を防いでいます。その間にあるのが扇橋閘門。東側の水位を低く保つと同時に、東西の水位差を調整して船を安全に通行させる役目があります。

閘門の後扉から入り、門が閉まると、船はプールに浮かんだ状態に。前扉のあたりから、一斉に水が入ってきて、西側の水位に合わせてプールの水位が上がっていきます。
DSCN3770.jpg

マイナス1mだった水位は、あっという間に2m上がって、1mの目盛を超えました。
DSCN3768.jpg DSCN3771.jpg 

西側の水位と合ったところで、前扉が開き、船は出て行きます。この時、屋根のないこの船だと、上がった扉から水滴が雨のように落ちてくるので、合羽やビニール袋、傘など濡れない準備は必須です。スプラッシュマウンテンほどではないけれど、下を通過する時は結構ドキドキして、特に子供達は楽しかったようです。向こう側では、船舶が待機していますね。
DSCN3772.jpg

小名木川を抜けて、船は隅田川を下り、日本橋に戻ってきました。今回はサービスで、日本橋をくぐってもらい、その先の新しい(けど古い)常磐橋まで行ってくれました。この先の、明治10年に出来た古いほうの常磐橋は、徒歩で渡れたのですが、震災の影響で通行禁止になっているそうです。右手の立派な建物は日銀本店です。
DSCN3786.jpg

長年の風雪、震災や戦争、高速道路建設などの激動に耐えて、今年架橋100年を迎えた日本橋。橋上から彫刻を眺めるもよし、船上から橋そのものを鑑賞するのもよし、本当に楽しめる橋です。
DSCN3790.jpg

橋の側面に付いているライオンの顔がよく見えるのは船ならでは。
DSCN3791.jpg

最先端技術を駆使したスカイツリー、身近に感じることが少ない治水施設を体感できる閘門、そして100年の時を経て、今なおその美しい姿で人々に愛される日本橋。変化を楽しめるこのコース、船着場が出来たことで、ますます色々なツアーが出て来そうです。これから100年後の東京、日本橋はこのまま美しくいてくれるのか?その時スカイツリーは残っているの?日本橋川から空を奪った高速道路は撤去されているかしら?親水エリアが沢山できて、船で気軽にあちこち行けるようになっていたら、さぞや素敵だろうな、と思います。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

Re: 船からのスカイツリー見た~い

> 船からのスカイツリー見てみたいものです。
> 乗られたのは特別なツアーでしょうか?
> 情報をお願いします。

わたしが乗ったのは、中央水の都フォーラムというNPO主催のものです。不定期ですが、年に何度かツアーを企画しています。都市計画を中心とした解説付きで社会科見学的な要素が強いと思います。
http://www.mizunomiyakochuoku.com/index.html

今回傭船を担当した、ジールというクルージング会社のツアーが6月にあるみたいです。
http://www.zeal.ne.jp/plan/309.html

観光ツアーだと、はとバスが昼食付きのツアーを催行しています。
http://search.hatobus.co.jp/main/detail.php?id=13931&kbn=&kind=s&from_result=all

以上ご参考まで。

 

船からのスカイツリー見た~い

船からのスカイツリー見てみたいものです。
乗られたのは特別なツアーでしょうか?
情報をお願いします。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。