◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04月27日(水)

船カフェから眺める、運河を通る船たち

豊洲の船カフェもあと一日。豊洲運河の桟橋につけたクルーザー、エスエス3世号。この船の脇を毎日色んな船が通ります。
DSCN3706.jpg

今日は、あまり間近に見る機会が少ない、運河を通る船をご紹介。これは東京都の清掃船。川に浮いているゴミを回収してくれます。
DSCN3708.jpg

流木などは船舶の航行に危険ですし、ビニール袋がスクリューにからまったりすることも。残念ながら、川には色んなゴミが捨てられています。空き缶、ビン、タバコ等のポイ捨て系以外にも、色々詰まったゴミ袋、発泡スチロールの箱、洋服等々。道路に比べて目立ちにくいせいか、かなり大胆に捨てているのが見てとれます。

こちらも東京都のマークがついています。何かの監視船かな?
DSCN3710.jpg

これは作業船。路上と違ってあまり見かけませんが、浚渫や土壌改良、橋や橋脚の補修、橋そのものの建設等々、川の中でも様々な土木作業が行われています。それに応じた様々な作業船があるようで、一部のマニアの方々はこの辺に相当詳しいようです。
DSCN3709.jpg

曳航船も通ります。浚渫や架橋等でユンボやクレーン車が川の上で作業するために、台船という長方形の浮き船があり、動力が付いていないため、曳航船で引っ張ります。
DSCN3712.jpg

そして水上バスも通ります。
Image289.jpg

他にも、漁船、プレジャーボート、教習船(私も2月に乗りました)、屋形船、ジェットスキーなど、結構色んなタイプの船舶が通るので、見ていて飽きません。面白かったのは、選挙カーならぬ、選挙船。江東区議会議員選挙の運動に使われていました。水路が繋がっている江東区ならでは、ですね。面白がっていたら、写真を撮るのを忘れてしまいました。

しかし、先日のブログにも書きましたが、豊洲運河はこのように航行船舶が多いので、その度に大なり小なり、ひき波の影響を受けます。今回の社会実験で、この場所が船カフェをやるのに適した場所かどうかも検証されることになると思います。概ね地域住民の方の反応は良かったのと、桟橋がどこにでもあるわけではないので、場所を変えて云々よりも、どうやって安全に楽しく水辺を活性化できるか、という方向で議論が進むのかな、と予想しています。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。