◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04月11日(月)

家のお花見もチャリティで

☆本文の前にお知らせ☆
「心に桜を」チャリティお花見クルーズ、13日までです。ラスト3日間は潮位が低い為、全便、両岸から桜が枝垂れる大横川に入れます。水上バス等の大型船が入れない静かな川で、ゆったりお船上花見を楽しんでください。手を伸ばせば届く距離で、はらはらと散る花びらを眺めるのも一興です!
(お知らせ終わり)


土曜日は、お休みをもらって、毎年恒例の我が家でのお花見。我が家の前は桜並木で、毎年友人達を招いて開催しています。今年は、13回目。震災の直後で、計画停電もあるし、どうしようか?と夫と悩んだのですが、クルーズと同様、チャリティお花見としました。この度の震災で、友人や家族を突然失った方々は数知れません。被災せず、生きて桜をみながら、これまで通り友人や親族と集える幸せをあらためて噛み締める機会にしたいな、ということで。

今までは、一品持ち寄りしてもらうだけでしたが、今年は1口千円を最小単位とする会費を徴収し、それを義援金とすることで案内を出しました。停電に備えて懐中電灯持参、マイ箸、マイ皿、マイグラスのどれか1つを持参してもらい、持ってこない人はペナルティで500円義援金寄付という条件付きで。趣旨に賛同してくれた友人・親族など30名程が集いました。幸い、計画停電は無し。

私の夫の故郷は北海道の知内町という漁師町で、義父は漁師でした。現在も従弟の息子が昆布漁をやっています。震災で船や漁具を全て失った漁師さん達のことは本当に他人事ではなく、船や定置網等の投資額の大きさも知っているだけに、今回の義援金は、漁業者支援のために使ってもらえたら、と思っていました。参加者の中に、三陸の美味しい海の幸を惜しむ声もあったので、その場で皆の賛同を得て、さかな君もPRしていた、「がんばれ漁業募金」に寄付することにしました。

1人千円でもいいのに、来られなかった家族の分も入れてくれたり、来られない方が差し入れのお菓子と一緒に「不参加料」という名目でお金を送ってくださったり、参加者数以上の金額が集まり、感激。「何かしたいと思っていても、街頭募金は信用できないところもあるし、自分で振り込むのも面倒だったりして。」という人が、面倒代行料といって、沢山入れてくださったり。普段はお酒を飲んで馬鹿話をしていても、長年の付き合いながら真面目な話は意外としたことがなくても、皆それぞれに思うところあり、というのがということが伝わってきます。本当に自分達は良い人達に恵まれていること、そして皆が無事に生きていられる事のありがたさをあらためて感じました。

友人の皆さんのことを誇りに思います。そして、いつも美味しいものを持ち寄ってくれてありがとう!来年も皆元気で桜が見られますように。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。