◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12月08日(水)

長崎での素敵な出会い

長崎に行ってきました。ご紹介のご紹介のご紹介で、電気推進船の設計の経験が豊富な大学
の先生にお会いすることになったのです。ハウステンボスの船の設計もされた方。先生は、
民間企業で船舶設計の技術者として働いた後に大学に移られたこともあり、私のような文系
人間の「やりたい事が実現できれば、細かい技術はなんでもいい」「新技術にとらわれる
あまりに、オーバースペックになっては意味がない」という考えにも、理解を示してくれました。

一見、荒唐無稽にも見える私の計画について、「色々応援するから是非実現して下さい」と
言っていただき、心強いと同時に、人の夢や希望を、否定せずに受け止めてくださる度量の広さ
を、本当にありがたいと思ったのでした。多分学生にも人気があるんだろうなあ。

ハウステンボスでのミーティングは翌日だったので、先生に案内いただきながら、長崎の
街を歩きます。
オランダ坂

大河ドラマの影響もあり、グラバー邸周辺はさすがに観光客が多いです。神戸や函館も洋館
がありますが、ここは洋館建築が集まっているので、比較しながら歩けます。
グラバー邸

以前「秘密のケンミンSHOW」という番組でも取り上げていましたが、男性のズボンのファスナー
の所を「社会の窓」と言いますよね。でも長崎では「世界の窓」と言います。先生にも
確かめましたが、やはり「世界」だそうです。いち早く世界と繋がっていた長崎ならでは。

出島の一部が復元されています。日本人で入れたのは、中で工事等の労働をする職人や運搬業者、
そして遊女だけだったそうです。オランダから女性を連れてくるのは困難だったのでしょう。
遊女を使った諜報などもあったかも?と妄想してしまいます。
出島

有名な眼鏡橋。水に映って丸眼鏡になる趣向。護岸から水辺に降りられるようになっていて、
川沿いを歩けます。こういう親水エリアがあるのがいいですね。東京も小名木川で遊歩道の工事
をしていますが、神田川や日本橋川等にも広がってほしいものです。
めがね橋
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。