◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03月20日(日)

日常に戻る第一歩「映画 文楽 『冥途の飛脚』」

昨日書いたように、できる範囲で日常に戻っていこうと、芸術に癒しを求めて、東京都写真美術館へ。映画 文楽「冥途の飛脚」を見に行ってきました。これは、「冥途の飛脚」を生身の俳優が演じる映像化作品ではなく、撮影所で文楽を演じてもらって撮った映像に編集を加えたものです。

この映画が作られたのは1979年。カナダのマーティ・グロス監督の作品です。製作当時日本では公開されなかった幻の作品をデジタルリマスターして上映されることになりました。来日予定だったグロス監督の舞台挨拶が、地震の影響で無くなったのが残念ですが、この映画では、故人となった人形遣いの吉田玉男や二世桐竹勘十郎、浄瑠璃の竹本越路大夫等の全盛期の芸が見られるうえ、人間国宝となっている、吉田蓑助や竹本住太夫も出演しており、さながら文楽のオールスター戦です。

「冥途の飛脚」は近松門左衛門の作品で、初演は1711年。飛脚問屋の跡継ぎ養子の忠兵衛が、遊女梅川に入れ込んでしまい、梅川が他の客に身請けされるのを防ぐのに、他人の金を横領して梅川を身請けし、二人で故郷の村に逃げるが捕まってしまう、という話。この映画では、逃げた故郷で捕まる前の、忠兵衛と父の孫右衛門の別れの場面で幕となっていました。

女に狂った浅はかな男の話なのですが、今でも異性に貢ぐために会社の金を横領して捕まる人の事件は後を絶ちませんから、普遍的なテーマと言えますね。忠兵衛と梅川が愛し合っていることや、友人の八右衛門の友情、犯罪者となった息子への父の思い、などが絡むと、表面上はしょーもない話の裏には、人間の業の深さがあることを、近松は教えてくれます。

映画では、現代人には聞き取りにくい浄瑠璃の台詞が字幕として出てくるのでわかりやすいです。また、小判を投げるシーンや、紙縒りを作る場面等が近くで撮影されているので、人形遣いの細かい手わざがわかります。編集によって、場面転換のメリハリやスピード感もあり、文楽に慣れていない人の入門編として楽しめる作品になっていると思います。料金が2300円と、普通の映画より高いですが、文楽公演の半額以下ですし、文楽に興味あるけど、敷居が高いな、と思っている方々にお勧めしたいです。節電のため、当面夜の上映はないようですが、4月1日までやっています。

テレビで災害の状況をずっと見ていて、いつのまにか沈んでいた心が、今日の映画で少し浮き上がってきた気がします。私達にはこうして何百年も続く素晴らしい文化がある、という事実が国難に向き合う時の自信を与えてくれるのでしょう。だって、過去に何度も起こった災害や、明治維新、戦争を経ても、文楽は生き残ってきたんですから。文化が残ったということは、人が残った、心が残った、ということですもの。

おまけ:
近所の自然食レストランGR8(グレイト)では、計画停電時の営業の際、こんなキャップを使うそうです。
cap.jpg

キャップのツバの先にLED電球が仕込んであり、つけると手元が明るくなります。停電限定のメニューも用意するとか。飲食店が停電の影響を受けているなか、停電を逆手にとった元気な姿勢を応援したいので、停電の時を選んで今度行ってみます。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

Re: 世界ひろがる

みっちゃん、コメントありがとうございます。
今度よかったら文楽も行きましょうね。私も山種のチケット買ってるんだった。
早く行かなきゃ!

 

世界ひろがる

ブログいつも楽しみにしています。
そこそこ生きてきましたが私の知らない世界がありますねぇ~。
手妻に続き文楽味わおうと思います。
今週末午後の計画停電に合わせ恵比寿に脱出し、文楽、山種美術館にでも行こうかな
ではまたご一緒しましょ

 

Re: お久し振りです!

やまざき君、元気そうだね。このところFX好調のようで、旅資金も潤沢そうでよかったねー。
お腹は順調ですか?インドで辛いの食べ過ぎて下痢しないように気をつけて。イランは
イスファハンの王のモスク(マスジット・イ・シャー)見てきて。いつか行きたいと
思っている場所です。無事の生還を祈ってます。

 

お久し振りです!

元気そうで、何よりです!

震災など、前途多難な状況にはあるかと思いますが、起業がんばってください!

自分も、これからインドやイランへと突き進んで行きますので、死ぬ前に一度ご連絡しました(笑)

こちらは、冥土への飛脚といったところでしょうか!

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。