◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03月01日(火)

江戸の水路の魅力を語るスゴイ本

旅から戻って数日、腰痛に悩まされ、歩くのもつらくて殆ど家にこもり安静にしておりました。
ごろごろしながらブログを更新しつつ、こんな本を読んでいました。

少し前に、偶然紀伊国屋書店で目に付いたこの本。
東京水路をゆく ―艪付きボートから見上げるTOKYO風景東京水路をゆく ―艪付きボートから見上げるTOKYO風景
(2010/10/15)
石坂善久

商品詳細を見る


著者の石坂氏は、モーターボートに手漕ぎ用の櫓をつけた特別仕様の船で、多少水深が浅いところも、低い橋のところや、狭い水路も縦横無尽に漕ぎ回り、その水路の歴史や、水辺風景、橋・水門などの土木建築物の紹介などを綴っています。まぁマニアックといえばマニアックなのですが、江戸川~中川、荒川、隅田川、江東区の内部河川、ベイエリアや芝浦地区の運河、そして南部の多摩川周辺まで、全てを網羅しているのです。

こんなに水辺趣味を極めている人がいたなんて、そしてこれを本にしようと尽力した人がいたんだなぁ(ちなみに東洋経済新報社です)ということにまず感動。ベースは石坂氏がクルーズ日記を書いていたブログ「水路を行く」(現在は過去ログ)「水路を行く・第二運河」のようです。

橋、特に関東大震災後の復興橋梁の美しさについて語っている部分など、「そうそう、それなんだよね~!」と私はめちゃめちゃ共感してしまいました。何より著者の、河川とそれを彩る船や構造物への尽きせぬ愛が、文章のあちこちから立ちのぼってくるのがほほえましくて。

これ一冊で東京の水辺の色々な魅力が発見できます。そして東京は本当は水の都だったということを再認識させてくれます。高度経済成長時代に物流の主役が車による陸上輸送に替わりました。河川は取水という存在意義はあっても、輸送インフラとしては邪魔になり、内部河川や掘割が随分埋め立てられて、東京はベネチアになる機会を失ってしまったわけです。その当時、水辺の美しさを残して住民の憩いの場や観光資源としよう、という都市計画が無かった或いは支持されなかったことは至極残念です。ただ、その代わりに手に入れた繁栄を否定するつもりはないし、私もその繁栄を享受している一人です。

成熟経済社会になった今、東京で働く人や住んでいる人の癒しの場となる水辺、東京を訪れた人に東京と江戸の成り立ちを語ってくれる水辺、という視点で、見直しや再発見の動きが出てきているのはいいことです。昔に戻ることはできなくても、今より良くすることはできる。この本が出版されたのも、そうした流れの一つなのかな、と思います。内部河川を航行する身には面白いだけでなく、有益な情報もいっぱい。私のバイブルになりそうです。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。