◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
02月01日(火)

手妻(てづま)を知っていますか?

映画の後は、中学時代からの悪友Pと、その娘の中二女子Sちゃんを伴い、神田明神横の神田の家で行わ
れる、江戸のマジックショー、手妻を見に行きました。神田の家は、江戸時代からの材木商遠藤家の店舗
併用住宅を移築したもの。昭和初期の家で、使われている木材は今では手に入らないものも多いそうです。
障子や欄間、床柱など、色々なところの造りが凝っており、建物だけでも見る価値があります。

手妻は神田の家の2階で、15名程度の観客のすぐ目の前でやってくれます。1名3千円で、美しいお座敷
に座って名人芸が見られるのですから贅沢ですね。

演じるは、藤山新太郎師匠。手妻の技を継承し、後世に伝えようとしている貴重な存在です。江戸時代には、
大きな仕掛け道具を使う手品と、手の技を中心とした手妻が共存していたそうです。明治に入り、西洋奇術
が売れるようになり、衰退してしまったとのこと。

お椀に赤玉を入れて、どこに入っているかをあてたり、玉がいきなり別のものに変わったり、所謂マジック
なのですが、何かが違うのです。それは手妻はアートだということ。マジックを見せてお客を驚かすだけで
はなく、美しい所作を伴っています。また長唄などの三味線音楽がBGMになったり、かっぽれのような節回し
で歌いながらマジックを見せたり。話芸も重要で、新太郎師匠の江戸弁は心地よく響き、落語家のような間
があります。

その芸の究極は、「蝶のたはむれ」という手妻。江戸時代に、柳川一蝶斎(やながわいっちょうさい)と
いう手妻師が生涯をかけて完成させた由。紙をちぎってで作った蝶を扇子であおいで飛ばすのですが、
まるで蝶が生きているかのよう。一枚の紙でドラマを作ってしまうという粋な芸は、驚きというより感動
です。

手妻の修業は、仕掛けを覚えるだけでなく日本舞踊や長唄など、伝統芸能を総合的に学ぶそうです。それ
により、着物を身に付け、美しい所作でも人を魅了することができるのでしょう。ラスベガスのきらびやか
でスリリングなマジックショーも面白いけれど、「あー、面白かった」だけでは終わらない手妻の奥深さ
と小気味良さが、もっと人に知られるといいなぁ、と心から思います。中学生のSちゃんも、その面白さ
の一端をわかってくれたようです。

企画をしているのは、和のコンシェルジュ新日屋さん。毎週土曜日18時から手妻を見ることができます。
YouTubeにも画像はありますが、是非その芸術的な師匠の技を至近距離で見ていただきたいですね。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。