◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12月01日(水)

東京の水辺空間シンポジウム

昨日はシンポジウムに参加。会場は水上バス。水辺を巡りながらやりましょう、という趣向。
スカイツリーとフィリップ・スタルクのオブジェ(あれが何に見えるかは別として)
を望む船着場から出発。
Image202_convert_20101201103425.jpg

永代橋あたりまで、水上バスのガイドさんの案内も付いていました。船内が暗くて、
携帯のカメラでは美しい橋の数々を撮れず残念。川から眺めて私が好きなのは清洲橋。
渡るのが好きなのは勝鬨橋。暮れなずんでいく時間に美しい工業デザインが溶け込んで
いきます。

法政大学デザイン工学部の陣内教授の基調講演を聞いて、1960年代に、水辺を無視
した東京の突貫開発で本当にもったいないことしちゃったんだなあ、とあらためて実感。
当時の水上バスに乗っていた人が、川の水の臭さに顔をハンカチで押さえている写真も
資料に載っていました。失われたものを取り戻す労力は大変だけど、東京都もポジティブ
な取組みを始めたし、色んな人が東京の水辺の魅力を発信しようとしている流れに、自分
も頑張ろう!と元気づけられました。

事例発表は、大阪の「水都OSAKA水辺のまち再生プロジェクト」の松本さんより。
大阪も水辺が忘れられていたけれど、この10年で随分形になってきた由。
新しく施設を開発するより、使われていない所や見捨てられている所の魅力を
見極めて発信することに重きを置いた活動だそうです。「こんなんあったらええのに、
誰もやらへんから、うちがやるわ」の精神で、様々な活動をしています。思ったのは
すごく柔軟な発想の人が集まっているんだなあ、ということと、それを形にしていく
のが上手だなあ、ということ。

水辺でお弁当を食べながら、周辺の景観などを話し合う「水辺ランチ」は、お金をかけずに
きっかけ作りができる活動でいいですよね。今はお休み中のようですが。面白いと思った
のは、「水辺不動産」。水辺の物件に特化した不動産屋さんです。窓の外に眼をやると川の
流れや水のきらめきがある家って素敵ですよね。

20年近く前関西に住んでいた時、中ノ島のオフィスに勤務していたけれど、毎日
堂島川を渡っていたのに全然意識していなかったなあ。今は、もったいないことをした
と思ってます。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。