◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12月23日(月)

東京初!の屋外コタツ舟にみづはが変身

ご無沙汰しております。
書きかけで溜まっていた記事をちょっとずつリリースして行きます。

11月半ばぐらいからグッと気温も下がって以来、前部デッキが自慢のみづはだけあって、寒さを敬遠してなかなか乗船客がおりません。船室の中はエアコン暖房完備で暖かく、サイドと前部の窓から景色は見えるのですが、やはり眺望を求める方はデッキにいたい、でも寒い、というジレンマ。

自慢のデッキがデッドスペースになるともったいないし、写真を撮ろうとちょっと外に出た時にも寒くないようにするにはどうしようか?ということで、色々と試行錯誤してきました。膝掛け毛布や肩にかけるフリースポンチョだけでは限界があると判明。

デッキのテーブルは底部に清水タンクがあり、作りつけになっているので動かせません。但し天板は外せるので、ここをコタツにすることにしました。
みづは舟桟敷

家から持ってきた大判の布団を2枚。布団カバーをつけてこんな感じに。
写真

おお、コタツっぽいぞ。しかし、木綿の布団カバーは清潔感はあるものの、 ひんやりした肌触り。しかも、飲み物をこぼしたりすると汚れが目立ちます。また、布団の下に蓄熱シートをピン止めしましたが、すぐに破けます。膝などが当たるのですが、すべりが悪くていまひとつ。

そこでネル素材のコタツ布団カバーを調達。蓄熱シートは布団から外し、前部からの風を防ぐ位置に置くことにしました。小型のセラミック温風ヒーターを買い、家から古い布団乾燥機を持参して布団の下がじんわりと温まるようにしたのがこの状態。船長にモデルになってもらいました。
kotatsu.jpg


更にしぶきや食べこぼしをはじくPVCレザーカバーを発注。希望の大きさに合わせてカットしてくれて、すそ縫いもしてくれるので便利です。いかにもビニール、という感じではなく、重さもそこそこあるので良い感じ。みかんを置いて完成です。
kotatsumikan.jpg

布団カバーが茶色、PVCレザーカバーをオレンジ、と船の色に合わせたのがポイントです!
雨の日は出せないので、布団をたたんで大判のビニール袋に入れ、天板を外してテーブルの中に収納。

実際にコタツに入ってみるとなかなかオツな感じ。弟が、お尻が暖かいともっといいよ、と言うので電気毛布を半分に折ってクッションの上に置いたら確かにだいぶ暖かくなりました。あとは電力が持つのか?という心配だけですが、今のところ発電機を回せば大丈夫そうです。

日本橋船着場にこの状態でみづはを泊め、待ち時間の間はコタツとわかるように私と船長がコタツに入っていると、橋の上から笑いながら見ている方々がちらほらと。まだあまり乗船には結びついていませんが、屋外、しかも水の上でコタツ、というのを風流と捉えてくださる遊び心のある皆さんをお待ちしております!

追記:既に他の船に真似されましたが、布団の厚みと背当てクッション、フリースポンチョ、そしてみかんなどで差別化を図っております!必要なお金はちゃんとかけて、快適&見た目も安っぽくならないように、お客様のご意見も伺いながら改善していきますよ~。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。