◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08月18日(日)

マリンスポーツの草分けの人たちと出会って

昨日は、みづはを置いているマリーナの30周年記念のイベントがあり、メンバーとしてだけでなく、クルージングイベントのガイドのお手伝いもあって参加してきました。南風がきつかったので、コースを変更し、マリーナから東雲運河を抜けてレインボーブリッジ、晴海埠頭から豊洲を通って戻る1時間程度のコースを3回。


天気も良く、水遊び日和ということもあり、運河には水上バイクやウェイクボードのモーターボートなどが結構出ていました。

夕方からはビアパーティ。チキンやスペアリブのBBQや枝豆、焼きそばなどをツマミに夕涼みをしながらビールをゴクゴク。


イベントやパーティ自体も楽しいものでしたが、マリンの世界に長くいる方達のお話が面白かったです。1960~70年代の頃学生で、ヨットやサーフィンの草創期にマリンスポーツを始めた方達。小中学生のころ湘南の海で遊んでいて、米軍のサーファーに「坊主、やってみるか?」と声をかけられてサーフィンを始めた、とか。たぶん日本で最初に水上バイクに乗ったのは俺だ、ウィンドサーフィンをやったのは僕だ、というような話とか。

当時は実業家や、日本駐在の外交官など、本当のお金持ちしかヨットやクルーザーを持っておらず、彼らは専任のクルーを雇っていたそうです。学生のアルバイトでクルーとして雇われて、海の上で何日も一緒に過ごし、スゴイ世界を見せてもらったり、男として、人間として大切なことを教わった、とか。

そして数人の方のお話を聞いてみると、皆、石原裕次郎はすごい人だった、と言うのです。元知事のお兄さんと違って(笑)、気さくでオープンで、威張らない、誰とでも分け隔てなく会話し、気前がいい。海の上では、芸能界の話はせず、船と海の話だけ。みづはを作ってくれた岡村造船の会長さんも石原裕次郎について同じようなことを言っていました。

私は「太陽のほえろ!」のボスのイメージしかなく、若い頃の石原裕次郎を知らないのですが、団塊の世代+αの方々にとっては、思い入れも違うし、憧れの存在だったことは間違いないようです。男が惚れる男、という感じなのでしょうか。

みづはは、川舟なので、こうした海のロマンに触れる機会は殆どないのですが、幸いマリーナにいると、いい色に日焼けした素敵なシニアの方々をお見かけします。気分だけでも味わえるのが、マリーナに係留しているメリットの一つかもしれません。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。