◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08月02日(金)

ちょっと補強します

先月試運転であちこち行きました。場所だけでなく、風の強い日、上げ潮の時間、下げ潮の時間、昼と夜、いろんな条件を試してみました。そしてわかったみづはのスペック上の強みと弱み。

強みは、小舟のわりにどっしりしていて、横揺れに意外と強いということ。エンジンや発電機の音も静かで、船尾側の扉を閉めると船室でも、前部デッキでも、殆ど音が気になりません。

弱みは、喫水が浅い為、船首が風に振られやすく、風が強い時の回頭や狭い場所での着岸がなかなか大変なこと。できる前からある程度予測してはいたものの、実際動かしてみると、思ったより度合いが大きかったのです。

広い場所では問題ないですが、高速道路の高架の柱が林立し、大きく蛇行する箇所や工事箇所のある日本橋川では、熟練の船長でも苦労していました。動き方の癖を掴んでいる最中ということもありますが。私達も、柱に船が寄り気味になったりするたびに緊張しています。

実際に運航を開始すれば、他船とすれ違ったり、二隻同時に桟橋を使うことも頻繁にあります。日本橋川は、ビル風もあるので、船首をコントロールできる手を打つことにしました。内部河川になるべく入れるように背を低く作ったのに、ちょっとした風のせいで、そこでの航行に制限があったらもったいないですもの。

直進性を増す為のフィン取付も考えましたが、造船所と相談したり、色々調べた結果、即効性のあるバウスラスターをまず付けることにしました。バウスラスターとは船首を左右に動かすプロペラ。風で振れた船首を戻したり、向けたい方向に船首を持って行くのにモーターで推進します。

スラスターを付けるのは物理形状的に難しい、と造船所に言われていたのですが、船体に組み込むタイプではない、外付けのスラスターがあったのです。オーストリアの製品で、在庫がないので現在取り寄せ中ですが、取り付けはさほど複雑ではない様子。マリーナ内のメカニックの方に、防舷材の追加取付を頼んでいたので、一緒にやってもらうことにしました。

結構な追加投資ですが、風まかせ、船長の技量まかせでただドキドキしているのは精神衛生上良くありません。何より安全第一。入荷日により工事日程が変わるし、取り付け後の練習のこともあり、プレオープンの予定がなかなか立ちませんが、不安の種を一つずつ潰して行くことが、今出来ることなのだと思います。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。