◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07月07日(日)

ただいま試運転中!

7月1日から、みづはの試運転を始めました。船は車と違って天候や走る水域に大きく左右されますし、量産品ではないので、それぞれに癖があります。走ってみて初めてわかる事が多いのです。

初日は日本橋川へ。潮が上がってくる時間帯を選び、この位なら行けるかな?という潮位を確認。実測値が推算より10センチ高かったのですが、大丈夫でした。水面から215センチと、低めに作ってもらいましたが、屋根のない船にはやはりかないません。とはいえ、私達は、みづは一隻しかないので、雨や冬の営業が厳しい屋根なしの船では事業機会が狭くなってしまいます。前デッキでオープンエアを楽しみ、雨が降ってきたり、ちょっと寒い時は船内でまったりする、そんな船なのです。

大好きな清洲橋を、自分の船でくぐれる日が来たんだなぁ、とちょっと感傷に浸ったりしました。


ある日は、結構風が強かったですが、こういう日も経験しておこう、と出航しました。もちろん安全基準の範囲内での風速ですが。波頭の立つ晴海付近で、帆船日本丸とすれ違いました。荒れた水面に舞い降りた白鳥のよう。素敵でした。


翌日、隅田川上流、千住付近の鉄道橋。連続するトラスにうっとりしたり。


夕暮れの水面はいつも格別です。試運転ながら、毎日変化する空の色や水辺の景色を楽しめるのは役得です。


同じコースでも、天気、風によって様相は全然異なります。また週末はレジャーの船が多く、平日は業務船が多いので、それぞれのケースを経験しなければなりません。水上バスやモーターボート、水上バイクの引き波なども進んで体験し、揺れの具合を見ながらスピードを制御したり。幸い頼もしい船長さんがいるので、彼の指示を受けながら安全運航に向けて準備を重ねて行きます。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

Re: 暑いですね

亜紀子さん

船は3つぐらい作らないと本当に理想のものはできない、という話もあります(笑)
花火は、親と親戚を乗せて行きました。迫力でしたよ。詳しくはブログに書くので
読んでみてくださいね。

 

暑いですね

昨日は花火大会でしたね。どうされているかな、とブログ拝見しました。船を乗りこなすのは容易なことではないのですね。花火は船から見ましたか?

 

No Title

先程はお忙しいなか、ありがとうございました。改めまして開業を楽しみにしております!
なぜかショートメールを送れなかったので、コメントのアドレスをご参考いただければと思います。
またご連絡させていただきます!

 

Re: No Title

ありがとうございます。
3年かかりましたが、なんとかここまで来ました。
川満さんも、盛況で何よりですね!手のほうは
大丈夫ですか?無理せず、細く長くお互い頑張りましょう!

 

No Title

とうとう試運転までこぎつけたのですね。
おめでとうございます。
開業、楽しみにしております。

 

Re: あっぱれです

直樹丸さん、ありがとうございます。
船は形状やエンジンの位置などによって、特徴が全然違うので、
実際に運航してみると、みづはの強み、弱み、色々出て来ています。
まだ経験していない気象・海象があるので、リスクを全て想定する
のはなかなか難しいですが、安全は全てに優先すると考えています。
幸い頼もしい船長さんがいるので、彼から学びながら、みづは独自の
安全基準を固めて行きたいと思います。いつか何かお願いすることも
あると思うので、その時はよろしくお願いします。

 

あっぱれです

色々な意味であっぱれです。
船が出来る前にあれだけ、修行していたので即、営業かと思っていました。
やはり、安全第一にお客様の事を考えて、全てのリスクに対しての想定をするために、必要な事なのでしょう。

きっと、これからどんな荒波にも負けないで、みずはと共に進むでしょう。

期待しております。

そして、いつか何かお手伝い出来る日が来る事を楽しみにしています。

では、ご安全に!!

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。