◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06月22日(土)

下町に息づく型染めの技

ブログを通じてお知り合いになったFさんのご紹介で、江東区大島の江戸更紗工房、「更浜」さんにお邪魔しました。マンションが立ち並ぶ裏側の路地に突然昭和の世界が広がります。

昭和26年に建てた工房の天井に沢山置いてあるのは、張り板といい、染める生地をこの上に糊で貼り、作業するもの。それぞれ6メートルの長さがあります。全て樅の木の一枚板。今はもう手に入らないそうです。


このように板を寝かせて、その上に生地を貼ります。板の高さが背の低い私にもちょっと低い感じ。腰がつらそうです。これには理由があって、生地全体が良く見えるように、ということです。型紙を少しずつずらして染めていくので、継ぎ目がぴったり合っているかを始終確認するのに必要なんですね。

下はなんと土間!生地には地面からの湿気がちょうどいいのだそうです。

作業中の生地が貼ってありました。


工房を営む佐野利夫さん。とても気さくで温かく迎え入れてくださいました。


さて、江戸更紗とは?更紗と聞くと、インドの布を思い浮かべる人が多いと思いますが、まさにインドが発祥で、それがシルクロードを通じて中東からヨーロッパへ、そして中国から日本へ伝来したとのこと。草木や動物を文様化した柄はインドネシアのバティックや、イランのペルシャ絨毯にもよく見られる文様ですね。

そんな異国情緒をまとった更紗が江戸更紗として発展したのは、江戸時代にそれまで手書きで染められていた更紗文様が型紙による染色で量産ができるようになったから、とのこと。色は京都に比べて渋めで粋な色遣いが好まれたそうです。


型紙に当てて染色するときに使う刷毛。鹿の毛で出来ています。鹿の毛は柔らかく、染料の含みが良いそうです。こういう刷毛作りの職人さんも大分減ってしまったとか。染料を刷毛につけたら、竹で刷毛をしごいて適量にしてから、型紙に乗せていく由。
 

これは中高生の体験学習で使う型紙の一部で、広重の浮世絵「日本橋朝之景」の柄。


この型紙というのも、これまた精緻な職人技。昨年「KATAGAMI Style」という展覧会に行った記事にも書きましたが、何十種類もの小刀を使って細かな型を彫っていく技術には驚嘆します。こうした型紙の職人さんも、上手な人がいなくなり、後継者難とか。「最近の職人は、線の型を切るのに定規使ったりするんだよね。そういうのは、染めにくいんだ。線がよろけてる面白みが出ないんだよね。」と佐野さん。

型紙は、和紙を3枚重ねていて、柿渋、薄い漆、柿渋、と3回塗って防水力を高めています。同じ型紙で色を変えたいときは、表面を洗って干しておけばよいそうです。奥に型紙が干してあるのが見えました。


これが、ある柄の型紙一揃え。一反の生地を染めるのに最低でも30枚近くの型紙を使います。型紙に付けられた星にぴたりと合わせなければ、模様がずれてしまいます。この型紙、一式のうち、一枚でも破損したら、それだけでなく、全部取り替えだそうです。一式で何十万もするのに。同じ時に作られた型紙でないと、紙の伸び縮みの程度が一致せず、模様がずれるとか。自然素材の妙であり、大変なところでもあります。


これは、小紋の型紙の超絶技巧。どうやって、真ん中の丸い点が浮いていられるのかというと、極細の糸で支えているのです。写真では見にくいですが、網の目のように一つ一つの模様に糸が付けられていて、圧倒されます。


型は同じでも、配色が変わると同じ図案とは思えないほど雰囲気が変わります。


オーソドックスな柄や、なかなか粋な変わり格子など色んな柄がありますね。
  

佐野さん曰く「型紙の継ぎ目がわからないほどぴったり合ってるところが腕の見せどころなんだけど、最近は反物の注文も少ないし、財布とか巾着など商品が小型化して、江戸更紗の良さを味わってもらうのが難しくなってるんですよ。小さな布じゃあ、手染めなのか、印刷なのかも素人目にはわからないしね。」

私も最初はランチョンマット程度のサイズを考えていましたが、佐野さんのお話を聞いて、これはある程度の長さがないと、真の魅力がわからないと思い、方針変更。細切れにならないもの、ということで3メートルのテーブルランナーをお願いすることにしました。佐野さんが染めてくれる、みづは用のテーブルランナー。刷毛と型紙と染色、3つの職人技の結集を見るのがとても楽しみです。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。