◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06月14日(金)

吾妻橋防災船着場のリニューアルオープン

6月の初め、本所吾妻橋付近で所用を済ませた帰り、川沿いをブラブラしようかと隅田川へ向かったら、アサヒビール前の広場に屋台などが出ていました。何かお祭り?と思ったら、吾妻橋の船着場のリニューアルオープンの日だったんですね。

場所は、吾妻橋と東武線の鉄橋の間。レッドカーペット上で区長さんが挨拶をしています。


そしてお決まりのテープカット。


無料乗船体験があったようで、水辺ラインの「こすもす」が入ってきました。


墨田区のゆるキャラ、あづちゃんと、向島言問姐さん(猫)も盛り上げ役をやっています。ちなみに、写真ではよくわかりませんが、あづちゃんの頭の櫛は、吾妻橋の形を模した赤い櫛。簪は、吾妻橋に点る灯りの形です。細かい所にこだわってますね。そういえば、今治のばりぃさんも、頭のクラウンは来島海峡大橋でしたね。

船が出たあと、近くに寄ってみました。ゲートは日本橋船着場ほど凝ってはいませんが、波型?みたいな▲の線が入ってます。ここもバリアフリーで、スロープが長いですね。


隅田川ということで、係留杭も太くて堅牢な感じですね~。


ここは大型水上バスも使える長さ40メートルの大きめの桟橋です。定員40名程度の船なら、2隻は一度につけられそうですね。


この桟橋のほぼ向かい、浅草側には、都観光汽船の水上バス乗り場があり、写真のヒミコのような大型船が発着します。引き波で発着に気を遣いそうですね。


浅草側の桟橋は都観光の専用で、他の事業者は使えません。吾妻橋の桟橋は利用者登録の条件を満たせば様々な事業者が利用可能です。私達も船が出来てから所定の手続きを踏んだあと、吾妻橋桟橋の利用者登録にトライしようと思っています。小舟なので、隅田川での乗降は揺れが大きい為、なかなか大変でしょうし、受理されるかどうかもわかりません。ただ隅田川は多少潮位が上がっても、桁下のクリアランスがあるという面では、制約の少ない桟橋なので、便利な部分もあります。

今まで開放されている隅田川の他の桟橋に比べて、浅草駅からも本所吾妻橋駅からも近く、交通の便は悪くないので、これから屋形船や水辺ラインが積極的に使うことが予想されます。こうして少しずつ舟運ルートが多様化することで、どんなコースが出てくるのか、これから楽しみですね。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。