◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01月11日(火)

奥が深いぞ江戸簾

今日は新宿高島屋でやっていた東京都伝統工芸展へ。舟で使おうと思っているものを一度に色々
見られるので、勉強を兼ねて行って来ました。以前紹介した江戸切子江戸木箸以外にも、江戸の
伝統工芸は沢山あります。指物という小さな家具、漆器、手描き提灯、本染ゆかた、黄八丈、組紐、
銀器、刷毛等々。

各ブースに職人の手仕事が感じられる様々な品が並んでいます。起業のために、禁欲モードに
なっている私には、目の毒。舟の建造の目処が立ってきたころには、一気に大人買いだ!(自分用
じゃないけど)と自らを慰めます。

ふと足を留めたのが、江戸簾の田中製簾所のブース。舟の外側には、簾が必要です。室内で使う
ものと違って傷み易いので、耐用年数を質問したところ、素材によるけれどたまに外して水洗い等
すれば7年程度もつとのこと。また、編み紐の取替え修理もしてくれるそうで、紐を替えながら
使えば15年位は行けるんじゃないか、とのお話でした。ホームセンターで売っているペラペラの
物ではそうは行きません。第一編み替えなんてやってくれませんもの。

ついでに、伝統工芸士であり社長の田中さんから色々お話を伺うことができました。田中製簾所
では、ただ簾を編むのではなく、原材料の手配や選別も自分でやっているのだそうです。材料と
なるのは、主に竹、ヨシ、御形(ゴギョウ)。竹は、必要な太さに加工して使いますが、ヨシや
御形は、そのまま使うので、まっすぐなものしか使えないそうです。それを太さごと七段階程度
に選別し、太さを揃えた上で、その特質に合わせたものを作っているとのこと。材料の産地も
決めていて、長年のお付き合いのある農家さんにお願いしているそうです。

納品されたヨシや御形を太さごとに一本ずつ仕分けるだけでも大変な根気がいります。曲がりを
見極めてハジかなければいけないし、確かな眼が必要。「弟子入りしたい、って言ってきても、
編むだけじゃなくて、材料の手配からやるっていうと嫌になっちゃうのもいるよね。」と田中
さん。

天然のものをそのまま使う苦労は大変だと思いますが、天然なのにまるで加工したかのように
太さがキレイにそろった簾は、やはり美しいです。妥協を許さない職人技が自然の風合いを
素朴から粋に高めているのがよくわかります。

お話していて、心に残った言葉は、「出来上がったものをどう思うかっていうより、これが
自分なんだ。」「だから、少し気に入らなかった所があると、簾が掛かってるのを見るたびに
気になるんですよ。」職人というより、アーティストですね。

名刺交換したところ、お江戸の舟遊びと書いてあるのを見て、田中さんが「あれ?どっかで見た
ことあるなぁ。」実はツイッター上でお互いにフォローしていたことがわかってビックリ。
「ツイッター見てきた人には、プレゼント企画があるから、おまけね。」と、簾のコースターを
頂きました。ハッピーサプライズです。小さくても目が詰まって、ピシッと編んであるミニ簾。
Sudare.jpg

「注文を考えてるなら、工房で作っているところを見に来たほうがいいですよ。」と言って頂いた
ので、今度見学に行って、もっと簾のことも勉強することにします。台東区は一番工芸職人が多い
所だそうなので、界隈も歩いてみたいですね。今日も素晴らしい出会いに感謝であります。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。