◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01月10日(木)

新春の華やぎを堪能した一日

1月6日に、知人の日本舞踊家、花柳廸薫(みちかおる)さんと、藤間琇瀧(しゅうりゅう)さんが主催した、紫薫子の会というイベントに行って来ました。お二人は伝統文化の継承に危機感を抱き、手軽に習える子供向けの日本舞踊教室など、様々な活動をしていらっしゃいます。

今日は、宮城県登米市のお教室の子ども達も招待され、成果を披露してくれます。登米は、南三陸町の山側の隣町。被災した方々の避難所や仮設住宅があります。

司会は、落語の桂右團治師匠。
CIMG6608.jpg

最初の演目は、「鶯宿梅」。梅の精の待つ鶯を騙ったカラスが愉快です。
CIMG6575.jpg

CIMG6586.jpg

廸薫さんの梅はとても愛らしく、新春の華やぎがありました。
CIMG6590.jpg

CIMG6584.jpg


後からイケメン鶯が登場し、懲らしめられるカラス。
CIMG6597.jpg

CIMG6603.jpg

次は登米市の子供達の舞踊。「わらべ京鹿子」と「初子(はつね)の日」。初子というのは、お正月の最初の子の日で、野外に出て若菜を摘んだりして遊んだりしたそうです。

姿勢や手つきなど堂に入ったもの。子供の頃に短い期間であっても、こうした経験ができるのはいいですね。踊りだけでなく、邦楽器の事や、着物の着方、踊りの主題となる昔の習慣やお話など、総合的で伝統文化に触れることができます。
CIMG6616.jpg

次は浄瑠璃の都了中さん。浄瑠璃というと、人形浄瑠璃=文楽を思い浮かべますが、もともと浄瑠璃は物語を語る、ということ。室町時代に浄瑠璃姫と、牛若丸の恋物語が流行し、以降こうした音楽に合わせた語りを「浄瑠璃」と呼ぶようになったのだそうです。それが人形劇と結びついいたのが人形浄瑠璃。基本は三味線に合わせて語られます。

浄瑠璃で使われる楽器を説明してくれます。三味線は、「三」にゆかりのある事が多く、三本の絹糸で、銅+棹+天神(先端の部分)の3つのパーツで構成されているとか。語りに対して出しゃばらず、引かず、風景や心情を伝えるもの。

笛は、竹笛と能管と2つあり、竹笛はドレミファのメロディを吹けるけれど、能管はできないそうです。能管は、効果音や場面転換に主に使用し、つくりも違い、能管は管の中にもう一つ筒が入っている由。お化けが出る時の、ヒュー、ドロドロなどで聞いたことがある人もいるのでは?

鼓は、小鼓と大鼓。小鼓は皮を湿らせて音を作ります。鼓にかかる綱を左手で締めたり離したりして、音の高低を付けるそうです。対して大鼓は、皮が乾燥しているほうが良く、高めの音が出ます。小鼓は素手ですが、大鼓は和紙で出来た指サックをはめて叩き、音の高低は無く、一つの音しか出ないとのこと。同じ鼓でもこんな違いがあることを初めて知りました。
CIMG6632.jpg

太鼓は小さい締め太鼓と大太鼓。締め太鼓はリズム楽器ですが、邦楽では大太鼓はリズムを刻むのではなく、風景や現象、妖怪の登場の時に使われます。雨の音を表す時など、歌舞伎では良く出てきます。昔はガラス窓ではなく、雨戸で窓を閉めていたので、雨戸にあたる雨の音を示しているのだそうです。能管と一緒に使われることがおおいですね。「万歳」と「祝言式三番叟」というおめでたい演目をやってくれました。皆で一緒に声を出すワークショップもありました。
CIMG6636.jpg

邦楽のリズムに親しんだ後は、都了中連中(連中=バンド)の音曲に合わせた京人形。有名な彫刻家、左甚五郎が入れ込んでしまった傾城(花魁)そっくりの人形を彫り、そこに左甚五郎の魂が宿って一緒に踊りだす、というもの。左甚五郎が男なので、男のしぐさになってしまうのですが、傾城の手鏡を人形の懐に入れると女性らしい動きになるというもの。ちなみに左甚五郎は実在の彫刻家で、有名なものだと、日光東照宮の「眠り猫」などがありますね。
CIMG6639.jpg

京人形の美しさもさることながら、男と女を自在に踊り分ける廸薫さんと、それを受ける琇瀧さんの息の合った素晴らしい踊りに魅了されました。
CIMG6658.jpg

CIMG6663.jpg

新春らしい華やかな演目や、生の浄瑠璃音楽、内容がわかりやすいこともあり、客席の子供達からも笑いがところどころで漏れ、楽しいイベントとなりました。しかも、これは入場無料。助成金による事業ということもありますが、こういう形で伝統芸能への敷居を下げ、子供達に「する」「見る」「聴く」体験を増やしていくこと。地道な活動ではありますが、これからも応援して行きたいと思います。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。