◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10月03日(水)

室内にいても空を感じる音色。尺八ライブ+α

過日、両国に工房を持つ尺八製作の匠、松本さんの尺八ライブが、地元市川の自然派レストランGR8(グレイト)でありました。期間限定メニューの、市川の名産である梨を使った「梨ゴレン」をお腹に入れて、開始を待ちます。

尺八の起源は奈良時代まで遡るそうですが、鎌倉時代に禅宗の一派として伝来した普化宗(ふけしゅう)の僧が尺八を吹いて托鉢をするようになり、これが虚無僧となるのだそうです。江戸時代には虚無僧のみが尺八を演奏するものとされていたようです。

目をつぶって尺八の音色に耳を澄ませると、音の上に空が広がっていくような感覚にとらわれます。それも真っ青な空ではなく、風に雲が流れていく情景がいつも浮かぶのです。虚無僧が吹く楽器ということは、基本的には野外での演奏が前提。周囲の自然や、風になじむものなのかもしれません。船の上で吹いてもらうのにぴったりな楽器かも。

伝統的な虚無僧音楽だけでなく、「アメイジング・グレイス」や「赤とんぼ」の尺八バージョンも。哀愁を帯びながらも伸びやかな音色に、心癒されるひととき。

演奏が終わって、質問&説明タイム。尺八は一尺八寸(55センチ位?)の長さがあることから、尺八と言われるようになったそうです。
写真 12-09-23 23 19 36

松本さんが、穴の押さえ方を見せてくれます。
写真 12-09-23 23 06 26

明治以降、普化宗が廃止され虚無僧集団が解体となって、一般の人が尺八を嗜むようになり、以後民謡の演奏楽器としても盛んに使われるようになりました。虚無僧尺八と民謡尺八という大きな2つの流れが現在はあるようです。民謡は合いの手やコブシ回しなどがあるので、虚無僧尺八よりも「手が多い」=音数が多いのだそうです。

尺八は他の楽器と違い、自然の竹の根っこの部分をそのまま生かすもの。内部に漆が塗ってあるのと、藤が少し巻いてある以外、他の材を使いません。熱で無理やり曲げることもありません。「進化させるのではなく、元のものを洗練させる楽器」という松本さんの言葉に納得。
写真 12-09-23 23 21 09

ただ、尺八職人や演奏者がいても、尺八に合った竹を取る職人さんや、尺八製作に欠かせないヤスリを作る職人さんなどが高齢化し、後継者も少なく、職人さんがどんどん減っているのだそうです。松本さんもそこに危機感を抱いて、何をすべきか考えておられるようでした。尺八を取り巻く環境もそんなに厳しいとは…。文化の底辺を支えているのが誰なのか、生態系の中で考えないと見誤ってしまいますね。

演奏を聴くだけでなく、伝統文化の裏事情を知ることのできるライブ。もっと色んな人にこの機会を広めなくちゃいけないな、という思いがフツフツと心に湧き始めたのでした。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。