◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09月25日(火)

スカイツリー下の桟橋初体験!

スカイツリーが開業して、目の前の北十間川にも船着場が出来ました。墨田区と江東区が水上観光の社会実験を現在実施しており、今回は小型電気ボートによるクルーズに参加して来ました。

さて、ソラマチ商店街の1階を抜けたところの橋のたもとに船着場があります。私達が乗る船はこれ。「静かに」というのが船の名前だそうです。
写真 12-09-11 11 43 48 (1) 写真 12-09-11 14 26 56

9月中旬に入ろうかというのに、ギンギンな真夏の一日。屋根のない午後の2時間半はなかなか覚悟がいります。焼けるのを見こして長袖シャツで来ました。この日のコースは、スカイツリー下(北十間川)~旧中川~中川舟番所資料館~小名木川~横十間川~スカイツリー下、という周遊コース。

さすがに電気だけあって、滑るように静かな出航。
写真 12-09-11 11 50 37

めちゃめちゃ浅かった京成橋付近を船で通れるのは感無量。ばっちり浚渫したんですね。
写真 12-09-11 11 51 37

すっかりキレイになった護岸。植栽はされていますが、緑豊かになるにはまだまだ。個人的にはコンクリートで固めてしまったこの護岸は残念です。
写真 12-09-11 11 55 26

船は北十間川を東へ向かい、旧中川へと向かいます。東武線の鉄橋が見えるころには少し両岸が鬱蒼としてきて川らしい感じに。
写真 12-09-11 12 11 41

ここ、かなり幅が狭いです。そしてここを抜けると、旧中川の江東新橋が見えてきました。
写真 12-09-11 12 12 17 写真 12-09-11 12 12 50

旧中川に入ると、護岸に緑が広がり、ヨシも生えていて和みます。
写真 12-09-11 12 14 02

思い切り夏の空ですね~。このコースは、ゼロメートル地帯ということで、強制的に水を排出して水位を下げ、閘門や樋門で守られていて、大型船も通らないので、潮位や引き波の影響を受けることがありません。パワーのない電気の小船でも安全な水域。
写真 12-09-11 12 18 30 写真 12-09-11 12 37 40

中川舟番所資料館で、見学兼トイレ休憩を30分。ここは何度か来ているので、殆ど涼みに来た様なものです(笑)。ここから小名木川に入り、十字の橋、クローバー橋をくぐって横十間川へ。
写真 12-09-11 13 49 40

横十間川は、川沿いがウッドデッキの遊歩道があったり、護岸にボウボウだけど自然の草が生えているのですが、
写真 12-09-11 14 05 23

こちらも護岸工事が進行中。ここもコンクリートで固めちゃうのかなぁ。。。
写真 12-09-11 14 14 47

さて、再び北十間川に戻ります。十間橋をくぐると再びツリーがドーン!
写真 12-09-11 14 16 43 写真 12-09-11 14 16 53

今年、船の航行ルールが変更され、十間橋から先は、7メートル以下の長さの船しか入れなくなりました。
写真 12-09-11 14 16 12

この船、時速は13キロぐらいだそうです。まだリチウムイオンバッテリーは搭載できなくて、鉛バッテリーを充電しているそうですが、プラグイン充電ではない由。オペレーションが大変ですね。でもこの静けさは、穏やかな内部河川の水面に合ってますね。
写真 12-09-11 14 25 46

このコースはスカイツリーの真下から船でツリーを眺めるのは売りですが、それ以外は舟番所資料館以外あまり目立った観光資源が沿岸にありません。付近の歴史や治水の仕組みなどを少し突っ込んでガイドし、興味を呼び起こすような事も必要かも。涼しくなって、岸辺を歩く人が増えると、陸の人とのコミュニケーションが出来てもっと楽しくなるかもしれません。

船長さん曰く、スピードが出ないので、係留場所からスカイツリー船着場まで3時間かかるそうです。扇橋閘門も荒川ロックゲートも16時半で終わりなので、ナイトクルーズは出来ないとか。実際に観光船として収益も踏まえて運航するとなると、内部河川の中のどこかに係留できる所がないと、なかなか厳しいでしょうね。この社会実験の結果がどういう形で今後の河川行政に反映されていくのか、楽しみです。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。