◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06月16日(土)

毎回「違う」ことが楽しい日々

東京湾クルージングで、ニーズ号というオープンエアのリバークルーザーの運航をするようになって、1ヶ月半ほどが経ちました。雨が降ったり、特別な事情がなければ、主に日本橋で毎日のように船を出しています。お客様の動きや反応で、いくつか面白いなぁ、と思ったことを。

・如何に人が天気に影響されているか
気づいている人も気づいていない人もいると思いますが、人の行動に影響するファクターとして天気予報は大きいなぁと思います。特に余暇の部分で。朝、曇っていると、その後晴れても出足は遅いのです。逆に午後雨が降るのに朝晴れていると出足は早い。雨が降る前に用事を済ませよう、ということもあるのでしょう。また、テレビの天気予報で、天気の事だけでなく、「今日は外出は控えたほうがよさそうです」とか、「夜は早めに帰宅したほうがよいでしょう」とか、余計な?一言に無意識のうちに行動が規定されてしまうこともあるのかなぁ、と感じています。

・人の流れは読めない!
ある五十日(ごとうび)の平日には、皆さん忙しいのか、天気が良くて暖かかったのに、全然お客様が来ませんでした。ところが、同じような気候の月末には、平日なのに、随分お客様が来ました。月末って皆忙しいんじゃなかったっけ?近所のデパートで特別なイベントがあったわけでもないのに。。。

・日本人らしさが出るひととき
日除けに麦わら帽子を貸し出しているのですが、誰かが手に取ると、皆が手に取ります。それより日差しが強い時でも、置いてある場所は変わらなくても、誰も手に取らないと、皆様遠慮してしまうようです。出船時に、「ご自由にお使いください」とご案内すると使う方もいらっしゃるのを見ると、奥ゆかしい方が多いんだなあ、と思います。

・トイレがあることに驚かれる
大事なことなので、最初にトイレのことをアナウンスするのですが、殆どの方が「えー!あるの?」と驚いたり、笑ったり。トイレが掴みネタというのもなんだかなぁ、と思うのですが、小さな船だし、船倉の深さを知らないだろうし、とてもトイレがありそうな感じがしないのでしょうねぇ。船は限られたスペースの中に色々作り込むので、「こんな所にこれがあるんだ~」というのは結構多いのです。降りる時に、「トイレ見せてもらっていいですか?」という方もいるので、これもネタとして大事にして行きたいと思いますw

・ノリのいい人に船内の雰囲気が影響される
最初に船長さんや自分の紹介をした時に、大きく拍手をしてくださったり、「よろしくね!」と言って下さる方がいると、その方のノリに船の中全体が引っ張られるような感じがしています。こちらが案内している内容に対して、大きく頷いたり、笑ったりしてくださる方が1,2人いるだけで随分雰囲気が変わります。そいういう方は、普段からムードメーカーなのかなぁ、と思ったりして。反対に、皆様がおとなしくて、終始静粛な雰囲気の時もあります。それはそれで、話を聞いてくださっているんだなぁ、というのがわかるので、遣り甲斐があるけれど。

日に何度も同じコースを回っていても、お客様は毎度違い、ほんの30分であっても新たな出会いがあり、毎回雰囲気が違うのを楽しんでいます。人通りや、お客様の数が読めないのも、それを読む勘が働いたり、何らかの法則性を見出すことが出来たら、もっと面白くなりそうです。いつも良い事ばかりではないかもしれませんが、毎回「違う」という事を頭と身体が感じたり、予測できない事に挑むことが、新鮮な気持ちを保ち続ける秘訣なのでしょうね。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。