◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04月10日(火)

日本橋に勤める人のお昼休みは恵まれている、船に乗れるから。

先週の後半から東京では桜が咲き揃い、そろそろ花が散り始めました。明日の風雨が心配ですが、散る桜もいいものです。

今週東京湾クルージングでは、昨日から12日までの4日間、もう1つ船を用意して、日本橋発着の、30分のミニお花見クルーズも実施しています。この船もオープンエア船ですが、ナノワンよりも小型の22人乗り。11時半から小刻みに5便程度運航しています。このクルーズでは大横川までは行けませんが、佃のリバーシティ付近の桜と、そこでくつろぐ人とのコミュニケーションを楽しんで頂く30分。
fc2blog_20120411001403a5e.jpg

お花見という言葉につられてか、ランチタイムの時間帯に近隣の会社員の方々がかなり乗ってくれています。これは私には何よりも嬉しいこと。平日昼間のメイン客層である、お買い物帰りのシニアの奥様がたはもちろん大事なお客様ですが、自分もついこの間までは会社員だったので、その方達に楽しんでもらえることにとても関心があります。今日は、ノンアルコールビールでお花見酒気分を味わっている皆さんもいて、「うん、こういうのアリだよね!」と心の中で頷いていました。下船の際、「会社に帰りたくない!」とおっしゃっている方の気持ちも、とってもよくわかります。

お昼休みに、会社の近所の川から遊覧船に乗って、お弁当を食べてお花見、今の東京でそれができるのは、おそらく日本橋だけでしょう。でもまだまだ日本橋周辺のビジネスパーソンの多くは、その地の利やバリューに気づいていないのです。日本橋で働いていても、船着場があると知らない人さえいます。日本橋駅や三越前駅は皆知っていても、日本橋船着場はまだ知名度はとても低いのです。日本橋はお昼に食べに行くところは沢山あるし、デパートは近くにあるし、昼休みを過ごすオプションに多様性があって恵まれていますが、その一つが船に乗れることなんですよね~。

知名度を上げるために、船着場の設置に関わった区や団体が努力をするのはモチロンですが、私達のような民間事業者が、色々な形でクルーズに気軽に触れる機会を提供することも大切です。お決まりの団体ツアーや事前予約だけにこだわっていては、なかなか裾野は広がりません。自分の勤め先の数ブロック先に、気軽にリフレッシュできる世界への扉があって、それを簡単に開けられる。それに気づいてもらう仕掛けをもっと考えて行きます。

お昼休みにこんなの見ちゃったら、ホント早退したくなっちゃいますよね。
fc2blog_20120411001516a16.jpg
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。