◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04月03日(火)

嵐の夜の雑感

いやぁ、本当に今日の嵐はすごかったですね。まだ、過ぎ去ったわけじゃありませんが。
風の音が、波が崩れる時のドドドドーッという音みたいで、不気味でしたね。春にここまで荒れたことってあったかな?

旅客船の場合、安全第一ですので、一定以上の風速を伴う荒天になれば当然欠航になります。となると、その日は急に暇になる、というかさっさと家に早く帰るか、船に何かあった時に備えて船内か近くで待機、ということになります。

今日、交通機関に影響が出るのは予想がつく状況であっても、結局駅で長時間待ったり、1時間待ちのタクシーの列に並んだりしている方が相当数いたのは、色々な事情があると思うのですが、お気の毒でもあり、残念でもあり。以前よりは、早めの帰宅を促す会社が増えて、状況はよくなっているのでしょうけれど。

約一年前の震災は、予想もできなかったし、皆突然のことでパニックになって、その時自分が判断したことを最善と信じて行動したと思います。帰れない人に一晩過ごす場所を提供したり、徒歩帰宅の人にトイレや休憩場所貸してあげたり、様々な助け合いがあり、人の良い面を沢山感じることができました。

今日の交通機関の乱れは、一時的にこれに近い状況だったでしょう。でも違うのは、今日の嵐は来ることがわかっていて、どの程度の風が何時頃に吹くかも予想されていた、ということです。学校や会社が早めの帰宅を促したり、ニュースで盛んに警告していても、嵐のひどい時間に帰ろうとする人が沢山出てしまう。

何故なのか考えてみると、

・上司や顧客に遠慮して帰れない、または嵐ぐらいでとても帰れる雰囲気ではない
・どうしても今日中に終わらせないといけない仕事がある(と思い込んでいる、或いは延期を申し出られない)
・嵐が過ぎ去るまで会社や居酒屋に留まるよりは、早く帰宅したい
・ニュースも何も見ていなくて、ここまでスゴイ嵐とは思わなかった
・会社や学校が早めの帰宅勧告をした時間が遅すぎてもう嵐が来ていた

というのが主な理由でしょうか。

以前、会社員の私だったら、会議を強行されたり、「嵐ぐらいでなんだ?」という雰囲気の職場にいた時もあったので、同じ目に遭っていたかもしれないな、と思います。多分私は、帰りそこねたら嵐が過ぎ去るまで飲んでいたでしょうが、大変な思いをして帰宅した方への共感はあります。

それでも、「自然に逆らってもしょうがないんじゃないの?こういう日は会社休んだり、嵐が来る前か去った後に動いたほうがいいんじゃないの?」という気持ちになってしまいます。昨年の震災で自然の猛威を目の当たりにしたこと、自然の力に左右される仕事になったことで考え方が少しずつ変わってきているのかもしれません。

「今日は嵐なので休みます」ってなかなか言えないと思うけど、日本以外の国の多くはそう言って休むでしょうね。自己主張とか個人主義の傾向が強くて休みたい時に休むのが当たり前、という国もあれば、嵐の日はじっとしてるに限る、という自然の恵みや怖さが生活に組み込まれている国もあるでしょう。恐らく明治以前の日本はそうだったんじゃないかな?農業が主体の当時、晴耕雨読の考え方が身についていたと思うのです。自然の脅威を尊重する暮らしから遠くなった上に、義理や遠慮に縛られる律儀な今の私達。いつまでもこれでいいんでしょうかね?
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。