◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03月02日(金)

大阪尻無川その2 あれも船、これも船、の楽しい水辺

尻無川と天保山運河のクルーズで出会った船は、バラエティに富んでいました。そして、水辺の風景も人の息遣いや、生活感のあるもので、楽しかったです。
or17.jpg

CIMG2311.jpg


瓦問屋。ここから瓦を積み出すんですね。運搬船もいます。
or21.jpg

川辺の暮らし。プライベートリバーサイドですね。
or19.jpg

池や湖でお馴染みのスワンがなぜここに?
or20.jpg

天保山ジャンクションのループは、作業船や運搬船の船溜り。バージ船スリーシスターズ!大きくても、集まってると可愛いく見えます。
or13.jpg

圧巻は、尻無川にいた、雲取!大型浚渫船です。未来怪獣のような外観。どや顔ならぬ、どや船という感じで、周囲を睥睨していました。動いてるところ、一度見てみたいです。
or14.jpg

白鳥足漕ぎボートから大型浚渫船まで、動力や大きさ、形状などがこれだけ違っても、どれも船。この幅広さは、他の乗り物にないですよね。

平日だったので、川に面した工場のドラム運搬なども見られ、川の舟運が生きている事も実感できました。
or16.jpg or15.jpg

港への輸送はトレーラーが主流で、川から海へ、川から川への舟運は本当に少なくなりましたが、こういう風景に人の営みの歴史が見えて、面白いですね。東京の運河にもこういう風景は少し残っています。もっと開拓して、いずれご紹介したいと思います。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。