◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
02月02日(木)

形だけ覚えてもだめよね、マナーって。

NPO法人「日本人のアイデンティティをはぐくむ会・紫薫子の会」の代表理事で、日本舞踊家の花柳廸薫さんの、「日本文化に基づくマナーセミナー」に初めて参加しました。今回は和食のマナー。お箸の使い方や、魚の食べ方など、親に言われたり本で読んだり、断片的な知識を確かめたいな、ということで行ってみました。

今日は頂く前の心構え。きちんとした料亭や割烹に行く時に、どんなことに気をつけるか、グループに分かれてまずはリストアップしていきます。各グループ、それぞれ似たようなことが挙がりました。

・お座敷に上がる場合、靴は中敷も含めてキレイでないと恥ずかしいし、靴下やストッキングに穴が
 あいていたりしたら、食事どころではない。
・時間に遅れないように、所要時間や場所の下調べ。
・室内に飾ってあるかもしれない掛け軸やお花、出てくる料理の素材を愛でられるように、季節の
 草花や旬の食材のことを知っていたほうがよい。
・お店の雰囲気や格に合わせた服装を心掛ける。ミニスカート厳禁。
・ご招待の場合、お店の情報を調べて、見合ったお返しの品を用意するなり、後で送るなりする。

こうした事は、色々思いつくのですが、廸薫さん曰く「思いつくということは、皆さんの心の中にあること。ただそれを実行しているかどうか?」そう言われると、してないこともあるなぁ、と。若い頃には随分と失礼な失敗をしたことも思い出しました。

基本は、誘ってくださった方や周囲の方に迷惑をかけたり、恥をかかせるような振る舞いをしないこと。そして何より「調和」が大事です。目立つことがいいことではない場合もありますよね。

忘れがちな事として、香水はなるべくつけない(つけるなら踝や膝の裏、スカートの裾)、髪をまとめる(私はショートなので適用外!)等の指摘もありました。

常備しておくと良いのは、懐紙、ぽち袋、風呂敷、そしてストッキングは破れるものと思って予備を。魚の骨などを懐紙で隠すというのはなかなか慣れていないとできません。お箸でつまんだものを手で受けながら食べる人を見ますが、これはマナー違反。その替わりに器を持ち上げるのが通常ですが、器が重かったり、取り分ける形式で距離が遠い時には、懐紙で受けるのだそうです。

廸薫さんが嘆いていたのは、居酒屋文化の隆盛によって、旬の食材や器が食事の話題の中心になることが少なくなった、ということ。確かに、お店にもよりますが、素敵な器の居酒屋って少ないし、どうしても話題が仕事中心になったり、場を盛り上げるための与太話に偏りがちです。それはそれで楽しいけれど、良い器が出てくることも、ありがたいもてなしの一つ。その心遣いに応えるのもお店と良い関係を築いたり、連れて来てくれた人への感謝の気持ちを表すことに繋がりますよね。

掛け軸や花に言及するときに、俳句の季語を学んでおくとよい、と教わりました。確かに、現代の日本語の語彙には出てこない、美しくて粋な言葉が出ていたりします。さっそくアマゾンで注文。

季語集 (岩波新書)季語集 (岩波新書)
(2006/04/20)
坪内 稔典

商品詳細を見る


和食のマナーといっても、場に溶け込むことや、季節感を大切にすること、同席する方への心配りなど、礼儀作法全般に関わっているなあ、とあらためて感心。○○を××しなければいけない、という表面的な形を覚えても、礼を失しない振る舞いをしよう、という気持ちがなければ身に付きません。なぜその形になっているのか、なぜそうするのか、人が何かを身に付ける過程で必要な道理は色々な所で生きているのですね!
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。