◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01月14日(土)

船探しついでのお楽しみ、横浜港クルーズ

横浜の近くに中古船を見に行きました。ちょっと大きいのですが、居住性はよさそう。ただ、自分が考えている形にするには、相当の改造が必要になるので、かなり思い切らないといけません。業者さんは、色々改造のアイディアなどを出してくれて、少しイメージができました。まだ他にも見たい船が色々あるので、今日はお見合いだけにしました。

せっかく来たので、日中は比較的暖かかったこともあり、横浜港をクルーズして行くことに。「横浜再発見!今と昔探検クルーズ」の歴史編クルーズが、ちょうど待ち時間もなかったので、乗り込みました。

カタマラン船のリザーブ1号。お客は私達だけの貸切状態。
yoko1.jpg

船は山下公園を過ぎ、横浜税関の近くの象の鼻桟橋から出発。ちなみに山下公園は、関東大震災の瓦礫で埋め立てて作ったそうです。
yoko2.jpg

堤防が、象が鼻の先端を丸めたような形になっていることから、象の鼻桟橋と呼ばれます。
yoko5.jpg

お隣からは、こんな中華風の船も出航していきました。横浜っぽいですね。
yoko3.jpg

出航するとすぐにタグボート3隻と遭遇。Yamato、Nishiki、Tenryu、とあります。かっこいい~。隊列を組むように航行していくのが迫力です。
yoko12.jpg

船はベイブリッジ方向に向かっていきます。雲ひとつ無い青空。デッキに出てもあまり寒くなく、太陽の恵みを感じます。ベイブリッジの高さは、豪華客船クリーンエリザベスⅡ世号が通れる高さを考慮したそうです。
yoko6.jpg

歴史クルーズということで、船はペリーが来航した時に黒船5隻が投錨した付近に向かいます。ペリーが乗っていた、旗艦サスケハナがまさに投錨したところに行ってくれます。岸壁からこんな近くに見たこともない巨大な黒い船がモクモクと煙を吐いていたのですから、不気味だったんでしょうね~。

日米和親条約の締結にあたり、横浜村応接所というのが作られたそうで、締結のお祝いに、日本に来る前に調達してきた、各国の珍味やお酒を米国側は振舞ったそうです。

船は針路を変えて、みなとみらい方面へ。海上保安庁の船の基地。ハイスペックな船が沢山並んでいます。ヘリを内部に格納できるような船も。また「海猿」シリーズが撮影されたそうです。私達は、お世話にならないようにしたいと思います。
yoko7.jpg

東京港クルーズと違うのは、横浜は港としての歴史が長いことと、外国人居留地があったこともあり、随所に西洋建築の歴史ある建物が残り、エキゾチックな雰囲気も味わえることでしょうか。日本の海運を担ってきた厚みを感じずにはいられません。ただ、海のクルーズで、見晴らしがいいぶん、遠い近いはあるものの、全部景色が見えます。その開放感と港のオープンな雰囲気が楽しいです。橋をくぐった先に別の景色が開けるとか、橋の裏側をのぞく、という面白さとは違うんですよね。また、横浜は船の種類が多く、豪華客船が入港した時に間近に見られたりするのが楽しいところ。

45分のクルーズの後は、近辺の古い建物ウォッチングをして帰りました。その部分は後日書きます。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。