◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12月21日(火)

勝どき周辺の水辺風景

将来の航路選定と情報収集の為、川沿いをてくてく歩いてます。神田川下流、日本橋川、亀島川、目黒
川、小名木川をこれまで踏査してきました。昨日は夜築地で約束があったので、朝潮運河、月島川へ。
まず朝潮運河。佃大橋からスタート。運河の片側は水辺沿いを歩くところがありません。対岸を見ると、
すでに月が出ています。
Image215.jpg

薄暮の時間をマジックアワーと言ったりしますが、日の名残を惜しむ空と、それを映す川面、灯がともり
始めたマンションとのの対比がキレイ。しばし橋の上でボーッ。
Image217.jpg

トリトンスクエア沿いを抜け、晴海通りの黎明橋を渡り、朝潮運河と繋がる月島川へ。既に陽が落ちて
もう真っ暗。川沿いの道には、明かりが殆どありません。通る人も殆ど無く、ちょっと怖い雰囲気です。
月島川は係留船が一杯。先日ジャズクルーズで出た船もこちらに係留してありました。屋形船や
作業船などで係留場所がキツキツなところもある反面、親水テラスのところには何も係留されていない
杭がいくつか。気になります。誰かが許可を持っているのでしょうけれど。空いてたらいいのになあ、
と独り言。

距離は短い月島川、水門で隅田川に繋がります。水門横から見る勝鬨橋。
Image218.jpg

私は勝鬨橋は渡って楽しい橋だと思います。海側は東京タワーと芝浦方面の高層ビルの夜景が見えるし、
過去に跳ね橋として活躍した遺構が残っています。橋の真ん中に立派な石造りの監視室(?)があり、普通
の橋とは違う表情があるのです。骨組みも、技術上の意匠なのでしょうが、なんだか心ざわめく美しさ。
勝鬨橋は見学ツアーがあるそうなので、今度参加を申し込むつもりです。
Image221.jpg

工業デザインとしての橋の美しさと、それを映す水の流れ。自然に囲まれ、手を加えない河原や渓谷の風景
も、もちろん素晴らしいですが、東京ならではのスタイリッシュな水辺の楽しみも捨てがたいですね。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。