◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11月01日(火)

結局船中心になっちゃった日本橋架橋100年祭&まるごとミュージアム

10月30日の日曜日は、日本橋架橋100年祭でした。10:40から「舟運まつり」というイベントで、川越、佐原、栃木から和舟が日本橋を目指して来るということで、往時を少しはしのぶことが出来るかな、と行ってみました。

亀島川と分岐する日本橋水門の横に台船が付けてあり、そこから出るということだったので、スタート前にそちらへ向かうと、準備が進んでいました。
100nen1.jpg

黄色が川越、栃木が緑、佐原が水色の幟を立てています。日本橋は恐らく大変な人出だろうと、私達は手前の鎧橋で待つことに。ここは欄干が低くて、よく見えます。既に何人かが待ち伏せしていました。
100nen2.jpg

さて、最初にやってきたのは、神田明神の神主さんとお囃子。祭囃子が舟から聞こえてくるのっていいですね。高速の高架橋にも音が反響しています。
100nen3.jpg

そして、川越の舟。武将の方々が乗っています。
100nen4.jpg

次は栃木。栃木の舟は、一艘が栃木からずっと川を下って、ここまで来ています。先週の月曜日に江戸川通過ということで、自宅から歩いて行けることもあり、応援してきました。お酒や米俵を積んだ舟。
100nen6.jpg

そして最後は佐原。嫁入り舟も来ました。
100nen7.jpg

それぞれの舟団にお囃子が乗っていて、華やかな雰囲気で川を上っていきます。
100nen5.jpg

日本橋の欄干は人だかりがすごく、鎧橋にいて正解でした。舟は日本橋船着場前に集結し、親書の交換などがあったようです。
100nen8.jpg

関東大震災までは、魚河岸があり、魚だけでなく様々な物資の荷揚げ場として栄えたこの界隈。船外機で手漕ぎではなかったけれど、沢山の和舟が前後して川を上ってくる様は、昔の自由な水辺や、舟が身近だった時代を彷彿とさせ、なんとなく気持ちが浮き立ちました。中央通りとその周辺はパレードや出店などで大賑わい。昼過ぎまでは天気が良く、おめでたい雰囲気がその場に漂っていました。

さて、まるごとミュージアムの一環で、無料で船に乗れるとあって、まずは常磐橋防災桟橋発着の周遊に。
私達はジールさんの船、ゼンフリートにあたりました。リバーガイドの方の説明を聞きながら、江戸橋で折り返すプチクルーズ。
100nen9.jpg

最近はお客様を送り出すばかりで、常磐橋をゆっくり川から眺めていなかったので、ちょっと嬉しいです。震災後通行禁止が続いていますが、修復はいつになるのかなあ。
100nen10.jpg

さて、今度は晴海の朝潮桟橋から、箱崎の防災桟橋までのクルーズに向かいます。またまたジールさんの船、今度は水上バスを改造したと思われる、ジーフリート。朝潮桟橋から見えるところに、水辺にテラスがついた建物が。フォーリンクシステムズとあります。IT系の会社のようですね。これ、オフィスのようですが、いいなあ。
100nen11.jpg

船は朝潮運河の臨港消防署前を通ります。先週、Port of Tokyoフェスティバルに来ていた消防艇がいました。
100nen12.jpg

勝鬨橋をくぐって隅田川へ。船の速度がゆっくりだったので、運転室(?)の部分も今日はちゃんと撮れました。
100nen13.jpg

この辺りで雨が降ってきてしまい、デッキから船内へ避難。箱崎の防災桟橋は、読売のビルの目の前。初めてここで降りました。区が管理する防災桟橋は、地元のイベントや区の主催する行事以外はなかなか使えません。ただ、この箱崎の桟橋は、船のひき波が激しいようで、結構乗降に気を遣う場所だそうです。

お天気が悪くなってしまったので、日本橋には戻らず、清洲橋を渡って帰りました。久しぶりにゆっくり眺めた清洲橋。いろんな角度から写真を撮りながらだったので、渡るのに20分以上かかったかも。いずれ清洲橋のことはあらためて書くことにします。

架橋100年祭も、まるごとミュージアムも、パレードやら、体験イベント、ライブやら他にも色んな催しがあったのですが、結局船のイベントが中心になってしまう私達。でも各地の和舟の群れを見ることはこれからもあまり無いでしょうし、無料で船に乗れて、普段使えない桟橋も体験できるので、やっぱり水辺系が優先です~。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。