◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10月22日(土)

船オタクじゃなくても楽しい、Port of Tokyoフェスティバル

今日、22日と明日23日にお台場の先、青海(船の科学館)で開催される、「Port of Tokyoフェスティバル」。日本橋クルーズで活躍中のナノワン号が体験乗船の船として出ているので、お手伝いに行っています。このお祭りでは、普段なかなか見られない船の内部を見学できることもあり、ナノワンが来る前に早めに行って見学してきました。

会場にはいきなり日本丸が。
ptf nipponmaru1

今日は総帆展帆(セイルドリル)が行われるはずだったのですが、雨で中止になり残念。でもその優美な姿は、海のロマンを漂わせています。その横には、新しい浚渫船の海竜。この2隻は明日内部を見学する予定なので、また詳しく書きます。

今日はまず、海上保安庁の迎賓艇「まつなみ」。
ptf matsunami1 ptf matsunami2

入ってすぐの部屋では、海保の船が様々な地点で撮影した、東日本大震災の映像がDVDで流れています。海から撮影した数々の映像は、テレビで放映されていないものもあり、新たな衝撃でした。この艇は公職のトップの方や皇室の方などが乗る船ということで、国境警備艇のような装備はないそうですが、操舵室にあるレーダーなどはやはり臨場感があります。貴賓室は見ることができませんでしたが、海保の職員の方が気さくに色々と教えてくれました。
ptf matsunami4

中国船との衝突事件や、震災、映画「海猿」等で注目を浴びた海保。職員になるには、海上保安学校或いは海上保安大学校に入り、防衛大と同じように給料を支給されながら勉強し、卒業イコール配属という形だそうです。泳げないうちのとーちゃんが、「泳げなくても入学できるんですか?」と聞いたら「大丈夫です。必ず在学中に泳げるようにされますから。泳がないと死にますから。」とおっしゃっていました。

さて、つぎは臨港消防署の消防艇「みやこどり」。
ptf miyakodori1

こちらは船舶や港湾の火災の時に出動する、消防車の船版です。この船は先の震災で、千葉の製油所で起きた大火災の際、海からの放水で活躍したとのこと。震災の日の夜中に出動して、翌日の夕方まで任務を続行したそうです。

この赤い筒が放水管。100メートル先まで届くそうです。右のハート型の赤いのは泡消火のノズルだそうです。
ptf miyakodori2 ptf miyakodori3

操舵室の右側に、放水管の向きを変えるコントローラーと、放水ボタンがありました。通常7~8人で任務にあたる由。
ptf miyakodori4

となりの桟橋には警視庁の船もありました。船内の見学はできませんでしたが、お話を聞くことができました。パトカーのように、衝突事故の際の出動もありますが、警視庁は基本的には河川での事故に出動します。海の部分は海保。主に警備任務のほうが多いそうですが、水上バイクの接触事故が増えているそうです。また、バイク禁止の河川が少ないので、交通違反ではないけれど、週末は河川を走行する水上バイクへの苦情の電話が多くて、取締れないのが歯がゆい時もある、とおっしゃっていました。シーマンシップが通用しなくなっているということでした。

また、警視庁の艇を操縦する人は海技職という専門職で、異動の多い警察官とは別とのこと。警察権のある警察官が、海技職の人が操縦する船に乗船するのだそうです。確かに、異動の度に船舶免許を取って、操船を学んで、というわけにはいかないですもんね。

今回は、清掃船の清海丸も来ていました。黄色いので目立ちますね。これは双胴船で、2つの胴の間にカゴがついており、そこに浮遊するゴミを回収していきます。但し、座礁の危険があり、なかなか護岸近くのゴミを回収できず、お叱りを受けることもある、と職員の方がおっしゃっていました。
ptf seikaimaru1 ptf seikaimaru2

そうこうするうちに、ナノワンが着岸。幸い出航前に雨が上がりました。
ptf nano

体験乗船のコースは京浜運河に入って、芝浦ふ頭からレインボーブリッジをくぐり、お台場を通って戻る45分の周遊。
大井車両基地に戻る新幹線や、
ptf keihin1

モノレールの見える京浜運河。
ptf keihin2

レインボーブリッジに入る手前のループ道路+ゆりかもめの線路。
ptf keihin3 ptf keihin4

今日は風も穏やかで、あまり波が立っておらず、曇り空ではありましたが、なかなか快適なクルーズを楽しんでいただけたのではないかと思います。乗船体験は事前申込なので、来たら乗れるというわけではないのですが、社会の為に、そして私達の為に活躍してくれている色んな船を一度に沢山見られる良いチャンス。普段はビシッと厳しく近寄りがたい職員の方が、優しいおじさん、お兄さんだということもよくわかりますよ。

関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

Re: 私は艦船に乗ります!

ハマちゃん様
ブログを読んで頂き、ありがとうございます。
艦船ツアーいいですね!私は参加したことはありませんが、
なかなか出来ない経験ですし、是非楽しんでいらしてください。
ご感想お待ちしています!

 

私は艦船に乗ります!

ブログ拝見しました。船の科学館には私も何度か行きましたがフェスティバルは未踏です。実は私はすっかり艦船にハマってしまい、しかも「普段なかなか見られない船の内部を見学できる」、自衛艦への乗艦ツアーに今度トライする予定です。
http://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/p/p1011581/
このようなツアーに参加されたことはありますか。私は「マガイモノ」のツアーだったらどうしようかと不安です。でも見分け方などいろんな方からアドバイスいただいたので、今度またご報告しますね。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。