◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10月17日(月)

とーちゃんの決断

うちのとーちゃん(夫)がリストラにあったことは5月頃のブログ記事に書きました。あれからもうすぐ半年。二人で欧州を旅した後、とーちゃんは、実家の北海道の昆布漁の手伝いに帰ったりしていました。自分がこれから何をして食べていくのか、彼なりに色々と考えてきたと思います。日曜大工や、修理をするのが好きなので、「便利屋になろうかな」とかなり本気で言っていたこともありました。

私が日本橋クルーズの企画を手伝うようになり、「旦那さんも時間あるんだったら、手伝わない?」と声をかけていただき、納涼クルーズから、船着場の案内係兼客引きで、とーちゃんも加わりました。船の運航は船長と社長夫妻が行い、企画・宣伝やチケット販売、船着場での案内等は私達が分担、という形でやってきました。

クルーズが終わったあと、係留場に船で一緒に戻る途中、社長と色々話したり、お客様と接したりしているうちに、とーちゃんも気持ちが固まったようです。私と一緒にやることになりました。もともと漁師の息子で、子どもの頃から船に乗っていた人ですから、その血が騒ぎ始めたのかも。来月には小型船舶免許の一級を受けることになりました。

でも、社長は私です(笑)言いだしっぺが責任を取るべきだしね。笑いながら「私のパワハラに耐えられる?」と聞いたら「これまで24年耐えてきたから大丈夫。おれは取締役船頭でいい。」ですって。

というわけで、二人で起業に向かって進んで行きます。これまで、お互い会社員で別々にやってきたので、ずーっと、べったり一緒にいると時々は息抜きしたくなるでしょうし、夫婦の間で遠慮がないぶん、口げんかはしょっちゅうかもしれません。とはいえ、日本橋船着場ではそこそこ連携プレーも出来ているので、うまくやって行けたらいいな、と思っています。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。