◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08月17日(水)

閘門て、なに?そもそも読み方わかんないし、どこにあるの?

閘門(こうもん)、河川を通航する人にとっては親しみのある言葉ですが、そもそも閘門なんて言葉、耳にしたこともない、という方は多いと思います。イントネーションは、「こう」のほうに付きます。

閘門というのは、水位が異なる川や運河で、水位差を調整して船を安全に通航させる装置です。急流下りやラフティングなど舟が岩の間を通り抜けながらスリルや水しぶきを楽しむものもありますが、基本的にそれはレジャーやスポーツの範疇。大型輸送船や旅客船は前のめりにガンガン通航するわけにはいきません。だいたいそんなことしたら、船底割れるは、物資や人はころがるわ。。。

そこで、川のある箇所で前後に門を設けて、両方の門を閉じた閘室(こうしつ)という空間の中で水位を変え、進む先の川の水位と合わせて船を通すのです。水位高⇒低だけでなく、水位低⇒高の通航もできます。通航のしくみの図解は、東京都の江東治水事務所のHPにGIFアニメがあります。規模は全く違いますが、パナマ運河と同じ方式です。
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/chisui/jigyou/suimon/sisetu/ougibashi_drive.html

その閘門、意外と身近なところにあります。江東区の小名木川にある扇橋閘門。
ogibashikoumon.jpg

陸上からだと、最寄駅は半蔵門線か都営新宿線の住吉。隅田川、荒川、東京湾に囲まれた江東デルタ地帯は、その大部分が海抜ゼロメートル以下。その地域にある小名木川では、木下川排水機場から、荒川に水を排水して水位を低く保つことで、水害を防止しています。ところが、小名木川の西方面は、隅田川に通じており、東京湾の干満の影響で2メートル前後水位が変動します。その為、閘門を設けて、東側の水位を低く保つと同時に、東西の水位差を調整して船の通航に支障のないようにしています。

幸い、扇橋閘門は通航の事前申請はいらず、日曜祝日以外8:45~16:30までの間であれば通ることができます。そして、夏休み中の一定期間、この施設の運転・監視室の一般開放が行われます。その際、普段は使えない閘門付近の防災桟橋も開放されるので、船で行って上陸し、施設内部を見学するプログラムを実施することになりました。ブログのお知らせ欄に詳細を載せましたが、8月24日(水)の午前と午後実施します。

話だけだと「ふーん。そうなの。」という感じですが、実際に船で水位の上下を体感したり、門があがった時の水滴を体験するすると、「おー、そういうことか」とわかると同時に妙に楽しいんですよね。
ogibashikoumon2.jpg

平日なので、参加が難しい方が多いとは思うのですが、たまたま夏休みの方や宿題に困っているお子さんなどが気軽に来てくれたらいいな、と思っています。「土曜日なら行けるのに」という声も頂いているので、団体見学の事前申込制度を使って、土曜日のプログラムもいずれ企画したいと思います。
関連記事
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。