◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
10 | 2013/12 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12月23日(月)

東京初!の屋外コタツ舟にみづはが変身

ご無沙汰しております。
書きかけで溜まっていた記事をちょっとずつリリースして行きます。

11月半ばぐらいからグッと気温も下がって以来、前部デッキが自慢のみづはだけあって、寒さを敬遠してなかなか乗船客がおりません。船室の中はエアコン暖房完備で暖かく、サイドと前部の窓から景色は見えるのですが、やはり眺望を求める方はデッキにいたい、でも寒い、というジレンマ。

自慢のデッキがデッドスペースになるともったいないし、写真を撮ろうとちょっと外に出た時にも寒くないようにするにはどうしようか?ということで、色々と試行錯誤してきました。膝掛け毛布や肩にかけるフリースポンチョだけでは限界があると判明。

デッキのテーブルは底部に清水タンクがあり、作りつけになっているので動かせません。但し天板は外せるので、ここをコタツにすることにしました。
みづは舟桟敷

家から持ってきた大判の布団を2枚。布団カバーをつけてこんな感じに。
写真

おお、コタツっぽいぞ。しかし、木綿の布団カバーは清潔感はあるものの、 ひんやりした肌触り。しかも、飲み物をこぼしたりすると汚れが目立ちます。また、布団の下に蓄熱シートをピン止めしましたが、すぐに破けます。膝などが当たるのですが、すべりが悪くていまひとつ。

そこでネル素材のコタツ布団カバーを調達。蓄熱シートは布団から外し、前部からの風を防ぐ位置に置くことにしました。小型のセラミック温風ヒーターを買い、家から古い布団乾燥機を持参して布団の下がじんわりと温まるようにしたのがこの状態。船長にモデルになってもらいました。
kotatsu.jpg


更にしぶきや食べこぼしをはじくPVCレザーカバーを発注。希望の大きさに合わせてカットしてくれて、すそ縫いもしてくれるので便利です。いかにもビニール、という感じではなく、重さもそこそこあるので良い感じ。みかんを置いて完成です。
kotatsumikan.jpg

布団カバーが茶色、PVCレザーカバーをオレンジ、と船の色に合わせたのがポイントです!
雨の日は出せないので、布団をたたんで大判のビニール袋に入れ、天板を外してテーブルの中に収納。

実際にコタツに入ってみるとなかなかオツな感じ。弟が、お尻が暖かいともっといいよ、と言うので電気毛布を半分に折ってクッションの上に置いたら確かにだいぶ暖かくなりました。あとは電力が持つのか?という心配だけですが、今のところ発電機を回せば大丈夫そうです。

日本橋船着場にこの状態でみづはを泊め、待ち時間の間はコタツとわかるように私と船長がコタツに入っていると、橋の上から笑いながら見ている方々がちらほらと。まだあまり乗船には結びついていませんが、屋外、しかも水の上でコタツ、というのを風流と捉えてくださる遊び心のある皆さんをお待ちしております!

追記:既に他の船に真似されましたが、布団の厚みと背当てクッション、フリースポンチョ、そしてみかんなどで差別化を図っております!必要なお金はちゃんとかけて、快適&見た目も安っぽくならないように、お客様のご意見も伺いながら改善していきますよ~。
関連記事
スポンサーサイト
 
12月25日(水)

赤穂浪士に思いを馳せて、討入り舟遊び

舟遊びの事業を始めたら、やりたいことの一つに、忠臣蔵にちなんだ舟遊びがありました。以前、吉良上野介の側から描いたお芝居を見に行ったエントリーでも書きましたが、私は忠臣蔵が好きなのです。

赤穂浪士が討ち入った吉良邸は、両国の南、本所松坂町にあり、そこから泉岳寺に向かうルートは、隅田川だけでなく、竪川、小名木川を渡ります。舟でその足跡を辿りつつ、みづはが応援する日本の伝統文化による忠臣蔵のお話などを絡めた舟遊びをやってみることにしました。

忠臣蔵の話は、浄瑠璃、落語、講談、浪曲などの語りの芸が色々あります。今年の初夏に行った浪曲イベントで知り合った若き浪曲師、東家一太郎さんに今回はお願いしようとお話を持っていったところ、快諾してくれました。

隅田川は舟が揺れるので、集中してできないということと、曲師(三味線)の方も演奏しにくいということで、日本橋川の静かな水面をゆるゆると航行しながら、刃傷のあった江戸城本丸松の廊下をしのび、江戸城外堀の石垣の見える常磐橋付近を中心に浮かんでやりましょう、ということに。

浪曲と舟遊びで2時間ちょっとなので、飲物やお菓子を用意。
赤穂浪士が永代橋を渡る前に、甘酒粥を振舞ったとされる、佐賀町のちくま味噌の甘酒を買いに行きました。
行ってみたらお店がない!住所は合っているので電話をすると、ちくま味噌は料亭などにお味噌を卸しており、実店舗はないそうです。楽天市場に小売店舗があります。事務所に在庫があったので甘酒は買えてホッとしました。ちくまビルの前には、こんな石碑が。
chikumaamazake2.jpg

乳熊屋(ちくまや)の初代作兵衛は風流の道を嗜み宝井其角に師事、赤穂浪士の一人大高源吾も其角の弟子で、友人同士だったそうです。それで本懐を遂げた赤穂浪士が泉岳寺へ向かう途中、永代橋に差し掛かったこころで、一行を店に招じいれ、甘酒粥を振る舞ったという故事があるそうです。

甘酒は、砂糖を加えていない、米と米麹だけの本来の甘酒。さらっとした甘みで美味しいです。
chikumaamazake1.jpg

お菓子は、浅野内匠頭が刃傷の後に預けられ切腹させられた田村右京太夫の屋敷があった場所にお店を構える新正堂の切腹最中。見た目は「!」という感じですが、あんこは甘みを抑えていて、求肥も入っていてお味は美味しいんですよ!お詫びの手土産に人気だとか。
seppukumonaka.jpg

みづはの小さな船内での浪曲は迫力満点、臨場感100%!三味線との掛け合い、グルーブ感、10人程度でアーティストを独占できるって、贅沢だなぁと思います。
uchiiri.jpg

演目は、「弥作の鎌腹」討ち入りに赴く弟神崎与五郎を守るため、鎌で切腹する兄弥作のお話。今月国立劇場で、中村吉右衛門さんがやっていた役でもあります。義理人情どっぷりなお話ですが、昔の日本人が意気に感じていたこういう話が我々の精神性にも影響与えているなぁ、と感じます。

舟は赤穂浪士が渡った亀島川の高橋をくぐり、隅田川へ出て、築地の浅野家上屋敷跡付近から北上。両国橋から南下、松坂町のすぐ近くにあった竪川の水門や、赤穂浪士が渡った一之橋、小名木川の万年橋などを見ながら日本橋へと戻りました。約60分の行程。江戸の名残を色濃く残す川や橋の存在に参加者の皆様も少し江戸の息吹を感じてくださったようです。

初めての試みで、企画の時期や価格設定、また当日の動きなど行き届かぬところもありました。お客様からのご意見も頂戴しながら、その反省を生かして来年も討ち入りにちなんだイベントをやりたいと思います。一年後、乞うご期待!
関連記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。