◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10月02日(日)

何も知らなかった、ということを知るのも大事、能楽セミナー

能楽セミナー二回目に行ってきました。講師は前回と同じ、観世流のシテ方、武田宗典さん。今日は能楽の鑑賞の仕方がメインテーマです。鑑賞会の演目の解説を絡めながら、能の約束事などを説明してもらいました。

シテというのが主役、ツレはシテの相手役、ワキは助演者(端役ではないそうです)。それにお囃子と地謡がつきます。考えてみれば、ミュージカルのようなものですね。ワキを演じるワキ方というのは、一生シテをやることはないそうです。この辺は歌舞伎と似たようなシステムですね。また、シテ方は面を付け、想像上の生き物や神様の役などを演じる一方、ワキ方は能面をつけず、人間の役を演じるとのこと。

そして舞台は歌舞伎と違って、大変シンプルなもの。また舞台上にセットを最初から置いてあることも多いそうですが、たとえ観客から見えていても、登場人物が「ここは○○」と指差して言うまで、そのセットはその場にはないことになっているそうです。

演目の中の舞いを、謡いながら武田さんが舞ってくださいました。結構激しい動きなのに、息も切らさず謡い、体幹がしっかりしていて、回ってもブレずにピタッと決まる舞い。かっこいい~。前回にも増して迫力がありました。凛と響く声が塊となって、どーんとこちらに迫ってくるかのよう。実際の舞台では、地謡に合わせてご本人は踊るのみだそうです。

舞台の流れや舞いの解説の後は、装束と面を見せていただきます。装束を着付けてくださるというので、すかさず手を挙げたら運よく選んでいただき、装束を羽織らせてもらいました。総刺繍の衣装なのに、軽いのにびっくりです。装束は色々な人が使うので大きめに作って、着物でいうお端折り等で調節します。着物と違うのは、生地がパリッとしているところ。そして、後に向かって裾が切れ上がっていくところ。あぁ、やはり舞台衣装なのだな、と感じます。

能装束は洗うことはなく、虫干しのみだそうです。武田家の本家に伝わる装束で、古いものは江戸時代に作られたものがあるそうですが、生地は室町時代のものを使っている装束もあるそうです。500年以上続く芸能ならではの資産ですね。

面は、紐を通す穴の近くのみを触り、顔に素手で触れないように気をつけているとか。手の汚れや脂で、面にシミができてしまうのだそうです。面は、直接は付けませんでしたが、顔の前にかざして頂いたら、殆ど前が見えないことに驚きました。能舞台を観客席から見ると目付柱というのを邪魔に感じるのですが、面を付けて視界が物凄く狭くなっている演者にとって、目付柱とは、その名の通り、自分の立ち位置などを確認する為の重要なパーツなのだそうで、納得。

こうして伝統を連綿と受け継ぐ能ですが、新作能は盛んに書かれているそうで、「エヴァンゲリオン」や、「ガラスの仮面」を題材にしたものまであるそうで、意外とその辺はオープンで革新的?それが何百年も残る作品になるのかどうかは別の問題ですが。

なんだか学ぶことが沢山あって、全部は覚えきれないでしょうけれど、こうした事を知っているか、いないかでは大違い。さぁ、今度は寝ないで鑑賞できるかも??
関連記事
スポンサーサイト
 
10月05日(水)

シニアにリーチしたいが、金は無し。うーむ。

日本橋クルーズには、色々な年齢層のお客様がいらっしゃいます。納涼クルーズの時は、平日の夜が中心だったので、会社員の方が多かったのですが、気温の低下に合わせて少しずつ昼間の時間を増やしていくと、平日はシニアの方が多くなってきました。

先日乗ってくださった、気風のよさそうなおじさんから、こう言われました。
「おねえちゃんよぉ、俺っちは今日ここを通りがかって運よく船に乗れたけどもよぉ、もっと俺達の歳で乗りてぇ奴ぁ沢山いると思うんだよ。面白かったもんな。俺みてぇな年寄りは、こういうのがあるってのをなかなか知る機会がねぇんだよ。なんか一つうまく考えてくれよ。」(関係ないけど、この喋りのトーンが好きでした)

また、あるご婦人には、
「若い人はコンピューターとか携帯で色々調べられるけど、私達はそういうのできないのよ~。たまたま今日は日本橋に来て、偶然やってるのがわかったからいいけど、私達にもわかるように新聞の広告とかやってくれないかしら?」

ごもっともなご意見です。日本橋クルーズは、手頃な料金で実施していることもあり、新聞のスペースを大きく使って宣伝したり、折り込み広告を入れたりするのはコスト的に難しいのです。まだ不定期運航ということもあり、大々的に広告を打つような段階でもないし。そこで、HPやこのブログ、SNS、無料で登録できるイベントサイトなど、お金のかからない媒体を使っています。後は実施前のビラ配り。最近はマンションやオフィスの中にはなかなか入れないので、建物内のポスティングはやっていません。

となると、ネットをやらないシニアの皆さんにリーチするのはなかなか難しいのです。水の上で過ごす時間に魅せられている身としては、一人でも多くの人にこの楽しさを広めたい、という気持ちがあるだけに、制約のある中で、どうやって情報が届きにくい人に届けるのか、悩みどころです。

ということで、私は上記のお二方に、ちょっと図々しい提案をしてみました。
「すみません。お安くしてるので、宣伝費はかけられないんですよ~。でもせっかく今日運よく知ってくださったご縁なので、ご住所を頂ければ次回の実施が決まったらビラをまとめて送ります。お友達や町内の方に配って広めてください!」

結局お二人とも、「いや~、そこまでは」とお断りになりましたが、「友達には勧めたいし、電話で次の予定を聞いて、また来るから」とおっしゃっていました。その言葉通りになるかどうかは別として、こういうことの積み重ねなのだと思います。日本橋という場所自体は人通りが多いし、日本橋川はまだ通航量が少なくて、船が来れば目立つところなので、クルーズを実施している日は「あれ?なんかやってる?」となりますしね。

当面、シニアの方に知ってもらうには、クルーズを気に入ってくれた方の、クチコミ効果ををジワジワ広げていくしかないのかな?と思ってます。ネットのクチコミと違ってクリック一つで大勢に伝わることはありませんが、お茶を飲みながらのお喋りのほうが、伝わる力は強いんじゃないかと思うし。何より、コンテンツがよければ、勝手に伝わってくれるんじゃないか?なーんて。

最近は、シニアの方でもネットを使いこなす方が出てきて、情報収集の仕方に変化が見えてきているのは事実ですが、まずはネットで調べる、という行動パターンがメインの人々がシニア世代に食い込んでくるにはあと10年ぐらいでしょうかね?それ迄に何かシニアアフィリエイトのようなものを作れたら、ちょっと面白いのかも。何と言っても、戦争と高度成長期を経た強さと前向きさがあって、元気で、時間がある方の人口が増えているわけですから、敬老という意味でも、ポテンシャル顧客層という意味でも大切にしなくてはいけませんね。
関連記事
 
10月09日(日)

秋も水辺関連のイベント色々

クルーズやら、水辺関係のイベントというと、なんとなく夏、というイメージがありますが、秋にも色々あります。特にこの秋は、震災で春に予定されていたイベントが延期になったものの、ずれ込み開催で、連続してイベントがありますよ。

来週末10月22、23日には、東京港開港70周年記念「Port of Tokyoフェスティバル」があります。体験乗船は、先月末で締め切っているようですが、帆船「日本丸」総帆展帆や、消防艇や、海上保安庁の巡視艇の一般公開などもあるそうです。ちなみに体験乗船には、日本橋クルーズで活躍している、エスエスナノワン号も、出船します。船を出すおかげで、ブース出店もできるそうで、日本橋クルーズや、11月3日のスペシャルイベントの告知などにもグッドタイミング。私もお手伝いに行く予定です。
会場は、先日閉館した船の科学館の周辺。通常の、ゆりかもめで行くルートに加え、浜松町駅からほど近い日の出桟橋から、お祭り用にシャトル船が出るようです。

再来週10月30日には、日本橋架橋百年祭があります。百年祭のために化粧直しをした日本橋が、輝くひとときですね。パレードやみちのく復興市に加えて、私が楽しみにしているのは、同時開催される「日本橋お江戸舟運まつり」です。小江戸3市(川越、栃木、香取)から和船が日本橋川に15艇程度来るそうです。関東大震災前まで魚河岸のあった、日本橋の往時の舟運の賑わいを彷彿とさせるイベントになるのかな、と期待しています。

同じ週末には、屋形船カフェもあるそうです。飲物とラスクが付いているそうで、神田川の和泉橋防災桟橋から御茶ノ水あたりまでのクルーズとのこと。これもどんなものか、偵察を兼ねて乗りに行ってこなくちゃ。

また、中央区でも、10月30日に「まるごとミュージアム」があります。これは直接水辺とは関係ないのですが、中央区という街全体をミュージアムと見立てて、街めぐり、画廊や美術館ツアー、日銀ツアーなどのイベントがあります。こうしたスポットを回るのに中央区内を無料のバスや船が走ります。ここでも、日本橋クルーズで最近人目に触れるようになってきた、ナノワン号が登場。他の船と合わせて、箱崎(箱崎防災船着場)と晴海(朝潮小型船発着所)間、明石町防災船着場発着周遊ルート、常盤橋防災船着場発着の日本橋周遊ルートの3つがあります。

涼しくなって、街を回遊するにはぴったりの季節。お天気に恵まれるといいな、と思います。どのイベントも楽しみです。

関連記事
 
10月12日(水)

日本橋クルーズの前後にちょっと立ち寄れる便利スポット

10月の日本橋クルーズ、お天気に恵まれているせいで、連休はもとより、平日も満席便が出るなど、盛況です。今週は、明日13日で終わりますが、翌々週の27、28日も運航が決まりました。運航時間は、このブログのお知らせ欄をご覧下さいね。

さて、船に乗りに来た方からは、いろんなことを聞かれます。「東京駅まで歩くにはどうやって行くの?」「一番近いトイレはどこ?」「お茶飲むところないかしら?」なかには、「昔の白木屋は今、何のビルになっているのかしら?」なんて質問も。

幸い、そこそこ齢を重ねているので、コレド日本橋の前は東急、その前は白木屋だったことも知っています。東急の閉店セール、覗いたこともあったっけ。また、日本橋~銀座界隈は、母の実家が近いこともあり、わりと馴染みがあるので、マニアックな質問でなければなんとか答えられている感じです。

考えてみたら、ブログを読んで下さる方で、クルーズにいらっしゃる方に、周辺情報をご案内したことがありませんでした。うっかりしてました~。今日は、船着場から歩いて、信号待ちしても5分以内に行ける便利スポットをピックアップしてご案内します。

まず、トイレ。船にもキレイなトイレはありますが、乗船前に済ませるのなら、一番近いのは、船着場の滝の広場を上がってすぐの信号を渡った、寝具の西川。1階の奥にトイレがあります。船着場の川向こうに公衆トイレもあり、その向かいには三越が。
nihombashiinfo1.jpg

この界隈は自販機が少なく、乗船前のドリンク調達に困る方もいるようです。自販機は先ほどの公衆トイレの角の通りを曲がり、天ぷら屋の先にあります。船着場に一番近い地下鉄出口、半蔵門線三越前駅のB6出口の階段を降りたところにもあります。ちなみに船内でもお茶、ビールは売ってます!(でも自販機のほうが安いけど)

乗る前にサクッとお菓子やおつまみを調達したい?そういう方には、オープン間もない、ROJIがお勧めです。船着場から中央通りの向かい側にある、缶詰や乾パンで有名な国分(K&K)ビル1階にあり、「国分発セレクトショップ」と銘打っています。私も「日本橋チーズバー」と「日本橋ナッツバー」のシリーズ各210円を買ってみました。チーズの味がしっかりしていて、ビールに合いそう。
nihombashiinfo6.jpg

店内には、日本橋漬という福神漬があり、特に缶入りの製品は100年前から製造しているそうです。日本橋のちょっとしたお土産に良さそうですね。レトロなパッケージがいいです。
nihombashiinfo4.jpg nihombashiinfo5.jpg

他にも、日本橋の老舗、榮太楼とコラボした黒蜜キットカットや、同じく老舗のにんべんのつゆとコラボした濡れおかきなどもありました。ちなみにROJIはオープン記念ということで、「缶つま」というおつまみ缶詰の小さいのをおまけにくれました。
nihombashiinfo7.jpg

さて、クルーズの前後にちょっとお茶やお酒でも、という時、ROJIと同じ国分ビルの1階に、ニホンバシイチノイチノイチ、というお店があります。何故ここをご紹介するかというと、ここは日本橋川に面して、オープンテラスがあり、日本橋を眺めながら会話が楽しめる貴重な所なのです。ここで飲んでいて、ナノワン号を見てクルーズしに来てくれた方もいたんですよ。色んな船が通るのをゆっくり眺められる楽しいところです。私は先日バーコーナーのハッピーアワーに行きましたが、16~19時は、ビールやワインが300円とお得でビックリでした。
nihombashiinfo2.jpg

船着場を見ると、階段を降りる手前は警察だし、その後ろは野村証券のビルがドーンとあるし、一瞬何もなさそうな感じがしてしまいます。というわけで、船の待ち時間や、クルーズ後の余韻をホントの近場で有効に過ごしていただけるんですよ~、という事を今回はちょっとご案内してみました~。
関連記事
 
10月17日(月)

とーちゃんの決断

うちのとーちゃん(夫)がリストラにあったことは5月頃のブログ記事に書きました。あれからもうすぐ半年。二人で欧州を旅した後、とーちゃんは、実家の北海道の昆布漁の手伝いに帰ったりしていました。自分がこれから何をして食べていくのか、彼なりに色々と考えてきたと思います。日曜大工や、修理をするのが好きなので、「便利屋になろうかな」とかなり本気で言っていたこともありました。

私が日本橋クルーズの企画を手伝うようになり、「旦那さんも時間あるんだったら、手伝わない?」と声をかけていただき、納涼クルーズから、船着場の案内係兼客引きで、とーちゃんも加わりました。船の運航は船長と社長夫妻が行い、企画・宣伝やチケット販売、船着場での案内等は私達が分担、という形でやってきました。

クルーズが終わったあと、係留場に船で一緒に戻る途中、社長と色々話したり、お客様と接したりしているうちに、とーちゃんも気持ちが固まったようです。私と一緒にやることになりました。もともと漁師の息子で、子どもの頃から船に乗っていた人ですから、その血が騒ぎ始めたのかも。来月には小型船舶免許の一級を受けることになりました。

でも、社長は私です(笑)言いだしっぺが責任を取るべきだしね。笑いながら「私のパワハラに耐えられる?」と聞いたら「これまで24年耐えてきたから大丈夫。おれは取締役船頭でいい。」ですって。

というわけで、二人で起業に向かって進んで行きます。これまで、お互い会社員で別々にやってきたので、ずーっと、べったり一緒にいると時々は息抜きしたくなるでしょうし、夫婦の間で遠慮がないぶん、口げんかはしょっちゅうかもしれません。とはいえ、日本橋船着場ではそこそこ連携プレーも出来ているので、うまくやって行けたらいいな、と思っています。
関連記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。