◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08月03日(水)

老舗の旦那衆の底力が見えた「日本橋百周年記念フォーラム」

7月31日(日)に、日本橋百周年記念フォーラムに行ってきました。名橋日本橋保存会と国土交通省東京国道事務所の共催。橋も道路ですものね。申込をして当選のハガキが来たので、入場は無料でした。会場はコレド室町の日本橋三井ホール。5階にあるので、普段見えない三井本館や三越の上部の装飾がよく見えます。
Nforum1.jpg Nforum2.jpg

プログラムは、
基調講演:「日本橋100年 長寿の秘訣と補修のツボ」
パネルディスカッション:「日本橋さらに100年、地域ぐるみで次世代へ継承」
架橋100周年記念行事 日本舞踊

基調講演は私には結構面白かったです。講演者は、早稲田大学教授の依田照彦さん。日本橋保存管理検討委員会の委員長を務めた方だそうです。まずは日本橋の歴史から。今の日本橋が出来たのは100年前の1911年ですが、これは20代目の橋。初代日本橋は1603年に架けられました。江戸時代には魚河岸があって盛況を極めた日本橋。江戸城と富士山を望めたそうです。当時カメラがあったら、とびきりの記念写真スポットだったでしょうね。

関東大震災も戦争もくぐり抜けた時代の生き証人である日本橋ですが、石橋で100年というのは全然長くないのだそうです。世界には1000年経っている橋もあるとか。通行用ではない、ローマの水道橋などは2000年位経ってもまだ欧州の各地に残っていますから、なるほどと納得。日本は木の方が調達しやすく、木橋を作る技術も高かったので、石橋文化が殆どなかったということなのでしょう。これは架橋当時のイルミネーション(会場写真より)。
Nforum3.jpg

交通量が多く、昭和の半ばまでは都電も走っていた日本橋は、アーチ構造であるために、重力と摩擦力と圧縮力のバランスがうまく保たれて丈夫なのだそうです。100年経っても耐荷性、耐震性、安定性には問題が無く、補修は、経年劣化の部分を補修して、維持することに重点をおいたとのこと。こちらは都電が走る風景(会場写真より)。
Nforum4.jpg

100周年を迎えるにあたっての大改修により、敷石を全部外して石の隙間からの水漏れを防ぐ補修が行われ、敷石は全て元にあった場所に戻されました。大変な手間がかかっているんですよね。加えて、高圧洗浄で、橋の色も花崗岩の元の白い色が現れ、キレイになりました。(会場写真より)
Nforum5.jpg

依田さんは「生き物と同じで、きちんと手をかけてあげれば建造物も長生きするんですよ。」とおっしゃっていました。大改修以外にも、名橋日本橋保存会を中心とした「橋洗い」の行事が毎年行われており、橋を町のランドマークとして大切にしている方々によりケアされています。保存会のメンバーは、江戸時代から続くニンベンや栄太楼などの老舗の旦那衆が名を連ねており、その底力が見えたのが、パネルディスカッションの後の、記念行事の日本舞踊。

登場したのは、なんと市川団十郎と沢村藤十郎。藤十郎さんの妻である扇千景さんが、保存会の名誉理事で、国交相時代に、日本橋に空を取り戻す首都高検討委員会が設置されたというご縁もあったのかもしれません。演目は、団十郎:助六由縁江戸桜、藤十郎:藤娘。人間国宝の踊りを無料で見せてもらえるのは、さすが旦那衆の太っ腹。梨園とのお付き合いも深いのかも。助六では、老舗の方々が浄瑠璃を担当していました。浄瑠璃を手習いするというのも、なんだか老舗っぽいですね(笑)。記念行事の時間には、いかにも普段から着物を着慣れているという風情のご婦人がたが、随分目につきました。

フォーラムが終わって、日本橋へ。話を聞いたあとなので、細かいところにも目が行きます。船着場のある滝の広場へ降りると、こんな真新しい石碑がありました。
Nforum6.jpg

双十郎河岸?石碑の裏に由来がありました。要約すると「日本橋100周年を記念して往時の舟運と賑わいを取り戻すべく桟橋を敷設。その記念行事に東の団十郎、西の藤十郎の舟乗り込みを催し、日本橋川の繁栄を期し、ここを双十郎河岸と命名。」二人の十郎、ということなのですね。「舟は双十郎河岸から出るよ」なんて聞くとちょいと粋な感じがしますねぇ。

日曜の夕方は、歩道を歩く人も少ないので、久しぶりに狛犬顔のライオンとゆっくりご対面。
Nforum7.jpg

船着場を作らせたことはもちろん、ECOEDO日本橋や、今回のイベントを見ていると、日本橋の旦那衆の行動力を感じます。三井不動産などの地元大企業がバックアップしていることもあり、資金力も他の街とは違うのはもちろんですが、日本橋という素晴らしい建築物を街の誇りとし、長年の商いで培った強固なネットワークでその財産を守り、更に盛り立てようとする心意気がカッコいいなあ、と思ったのでした。
関連記事
スポンサーサイト
 
08月07日(日)

ミニ水上バス「カワセミ」に乗ってみた

日本橋に船着場が出来て、スカイツリーの開業も来年に迫ったこともあり、浅草方面と日本橋を繋ぐ水上バスの定期運航が予定されています。ただ、現在隅田川を運航している水上バスはどれも大きく、高さもあるため日本橋川に入れません。そこで登場したのが、ミニ水上バス「カワセミ」です。

定期運航の認可が下りるまではイベント便として走るようです。今回も「隅田川風物図巻-川辺の涼」というイベントで、8月28日まで運航するそうです。潮位の関係で、私が乗ろうとした日は日本橋船着場には入れず、浜町から。出航まで時間があったので、目と鼻の先にある人形町の柳屋で鯛焼きを購入。うちのとーちゃん(夫)はアンコ好きなので。
Kawasemi1.jpg

私は近くのコンビニでビールを買って船着場へ。カワセミが待っていました。確かに背が低いです。デッキには透明なプラスチックの屋根が付いていますが、170センチ以上の身長だと、少しかがまないと頭があたりそう。
Kawasemi2.jpg

中はこんな感じで、普通の水上バスに比べてかなり小ぶりですね。飲み物等の船内販売はありません。
Kawasemi3.jpg

私達はデッキに座って出発。浜町を出てすぐ、両国橋の手前に桟敷が出来ています。後ろの白いビルと同化していて少しわかりにくいけれど、川に面してぼんぼりがついているところ。鳥安、今半、玉ひでという老舗三店が交替で料理を出すそうです。料理屋もいいけど、桟敷バーなんぞがあってもいいですよね。
Kawasemi4.jpg

船は、両国、蔵前、厩、駒方、吾妻橋をくぐり、アサヒビールのビルの前へ。まだ暗くなる前だったので、ビルのガラスにスカイツリーが映っているのもよく見えました。カメラには収まらなかったけど、肉眼だと、ビルに映っているのと実物と、ダブルスカイツリーが見えるスポットです。
Kawasemi5.jpg

カワセミは、桜橋の船着場に留まってUターン。その次の吾妻橋に着く頃には、キレイなたそがれの空。この時間の水面の陰影が好き。
Kawasemi6.jpg

吾妻橋では、乗っている人があらかた降りました。会社員の皆さんの団体。これからアサヒビールで一杯かな?
私達はその次の両国船着場で下船して帰宅。もうすっかり宵闇です。この日は三日月でした。
Kawasemi7.jpg

さて、カワセミに乗った感想ですが、デッキはエンジンの音がうるさくて、排気ガスが正直なところ臭かったです。写真を撮るにはデッキのほうがいいけれど。それから、雨の後でデッキの屋根にたまっていた水が、船が左右に揺れると流れて落ちてきて、私は背中が濡れてしまいました。屋根が平らで、トイも付いていないので雨水の排水がうまく行っていないのです。以前内部河川を走っていた水上バスを改造しているので、新造船のように行かないのはわかりますが、剥げた手すりや古いエンジンなど、もう少し改善して、新たな舟運を快適に楽しめるようになるといいですね。

料金は日本橋から両国まで500円(定期運航時の設定はまだわかりません)。安いし、他の民間事業者が使えない防災桟橋も使えるので、一部には民業圧迫という声もあるようです。とはいえ、選択肢が広がって水辺がもっと身近になるのは悪いことではないし、内装や居住性、サービスの自由度など、民間事業者だからこそできる事も色々あります。ただ、あちこちにある防災桟橋を、民間事業者にももっと開放してくれると公正な競争環境が整います。そこで料金を取れば、少しは投資の回収になりますしね!



関連記事
 
08月09日(火)

水辺に親しむ一日「豊洲水彩まつり」

先週の土曜日に、江東区豊洲で「水彩まつり」が行われました。4月の船カフェをお手伝いしたご縁で、この日も主に船の外で乗り降りの安全管理などをお手伝い。イベントの場所は芝浦工大キャンパスとその裏のキャナルウォーク及び桟橋。
toyosu2.jpg

このお祭りは、豊洲2丁目と3丁目のまちづくり協議会や運河ルネッサンス協議会が中心となっています。運河に囲まれていることが街の特徴とも言える豊洲地区。その水辺環境を生かしたお祭りです。ゲーム感覚で防災を学べるコーナーや、竹筒水鉄砲作り、シャボン玉ショーなどに家族連れの住民の方々が次々と集まっていました。今回は、東雲住宅に避難している福島県の方々も招待されていました。クルーズやカフェを楽しんで頂けたかしら?

以前の船カフェと違うのは、運河クルーズもあったこと。船カフェのクルーザーから、別のリバークルーザーに乗船する形です。運河クルーズは約45分で豊洲を一周。豊洲運河⇒東雲運河⇒東京港(レインボーブリッジ手前)⇒晴海運河(隅田川の一部)を回ります。全部で5便でましたが、全て満席。私も乗りたかったなぁ。。。ガイドは、芝浦工大と東京海洋大の学生さん。
toyosu1.jpg

船カフェも大盛況でしたが、4月実施時に好評だったデッキ席は、暑くて不人気。替わりにクーラーの効いている船内の席は待ち行列ができるほど。残念だったのは、テイクアウトもあったせいか、パンやお菓子が早々に売り切れてしまったこと。替わりに、カキ氷&ビールのスタンドのほうに人が集まっていました。クルーズの前に買って船に乗り込む人もいれば、この日は暑かったので、クルーズで太陽を浴びた後、冷たいものを求める人も沢山いました。
toyosu3.jpg

以前の船カフェの記事にも書きましたが、運河を通る船が減速しないと、引き波の影響で船が揺れ、乗降の際に結構危ないのです。運河ルネサンス協議会の尽力で、徐航標識の横断幕が付いたのですが、標識の場所の問題なのか、標識を見ていないのか、減速しない船がかなりいました。ちょうど運河クルーズが終わって、皆が降りる時に大きな引き波があったので、子供が沢山乗っていたこともあり、ヒヤヒヤしてしまいました。収まるまで、しばらく待ってもらいましたが。初めて乗った船で怖い思いをさせたくないですしね。

ともあれ、無事終わってほっとしながら、帰りは月島まで乗せて貰いました。途中で通過した朝潮桟橋付近。18時近かったこともあり、かなり屋形船が出ていました。震災後の落ち込みは大変だったと思いますが、夏のピークに向かって少しずつ需要が戻っているように見受けられました。
toyosu4.jpg

しかし、豊洲に比べると、こちら朝潮の運河ルネサンス協議会は表立った活動が最近行われていないのは寂しいですね。地下鉄の駅に近くて、オフィスもマンションも昔ながらの住宅街もあって、もんじゃストリートもすぐそば。水辺の活性化で楽しいことが出来そうな条件は揃っているように思えるのですが。

元気のある豊洲も、このお祭りが終わればまた施錠されてしまい、桟橋が次にいつ使われるのか?という問題は変わりません。水に浸かっている以上、使っても使わなくても傷んでいくのですから、防災やイベントなどに使用を限定せずに、日常的に有効活用することを考えてほしいですね。民間使用で利用料が増えれば、桟橋の管理者の雇用コストやメンテコストも全額税で賄わなくてよくなるんですから。

なんだかすぐ民間が使えない桟橋のことに言及してしまうのですが、それだけ桟橋放置プレイが多いってことで、お許しください(笑)。
関連記事
 
08月11日(木)

カワセミとはどこが違うの?日本橋発納涼クルーズ「節電チャリティfor福島」

日本橋発納涼クルーズ「節電チャリティfor福島」、いよいよ今日からスタートです。そこそこ予約の入った便もあれば、全然余裕の便もあれば、色々ですが、予約なしでも日本橋界隈の方が気軽に乗りに来てくれたらいいな、と思っています。夕方から船着場付近にサインボードを持っている人が現れますので、見つけたら声をかけてくださいね。

さて、先日の記事に書いたカワセミも18:15の便があります。(潮位によって、日本橋から出ない日もあるようです)お間違えのないように!船着場の入口付近で、サインボードを前にぶら下げて立っている人のところへどうぞ。そこでチケットを販売しています。

船は、これです。SSナノワン号。
Nano1.jpg

カワセミのおかげで、日本橋の船着場に新たな賑わいができたのはいいことです。ただ、カワセミとはちょっとノリが違うんだよ、ということもわかってほしかったりします。楽しい輸送手段、という位置づけで考えるか、輸送という言葉は捨てて、水の上で過ごす「体験」を重視するかで、中身もそれを実現する道具である船の機能や形も自ずと変わってきます。

官に近いカワセミと完全な民間のナノワンでは、立っている土俵も違えば、目的も違います。カワセミはいずれ水上バスとして定期運航されることになりますからね。でも今の期間はカワセミもイベント便ですし、乗客目線から見たら何が違うの?という方もいると思うので、簡単な比較対照を。

比較表のような形でブログにアップするやり方がわからなかったので、見にくいですがご容赦下さい。

ナノワン  
料金: 1000円(うち200円は福島県へのチャリティ)
コース:日本橋~日本橋川下り~隅田川遡上~スカイツリーを遠望し清洲橋付近でUターン~隅田川下り~
    中央大橋をくぐり、亀島川~日本橋川遡上~日本橋
時間:45分(途中下船不可)
船内販売:あり(アルコール、ソフトドリンク、乾き物)

カワセミ
料金:500円(日本橋から両国)両国から日本橋まではプラス500円
コース:日本橋~隅田川遡上(浜町、桜橋で乗降)~桜橋でUターン~隅田川下り(吾妻橋、両国で乗降)
    ~小名木川(高橋で乗降)~高橋でUターン~隅田川下り~日本橋川遡上~日本橋
時間:110分前後(全行程を乗った場合、途中の乗降は自由)
船内販売:なし

船の性能等、中古であるカワセミと昨年進水したナノワンでは、エンジンの静かさなどの違いはあります。デザインも、バスとしての機能を優先して室内は前向きで椅子が並ぶカワセミ。対してナノワンはフルオープン船で、椅子は対面式(使用目的によって、自由に変えられるようになってます。椅子は重いけど)など。

船着場に色々な船がいると、どの船がなんなのか、乗る人にはわかりにくいかな、と思ってちょっと書いてみました。ナノワンの今回のコースでは、吾妻橋付近のスカイツリーの近くまでは行きませんが、お客様のご要望を聞いて、今後のコース構成は考えることになると思います。もちろんチャーターでは、北十間川など、スカイツリーが一番ちかく見える所も行ってます。

潮位が多少高くても通航できて、しかも安全・快適・清潔を目指し、社長さんの思い入れが詰まったナノワン、是非景色と同時に船自体も楽しんでください。
関連記事
 
08月15日(月)

ここにあることが本来の姿、と感じる日本橋船着場

日本橋発納涼クルーズ「節電チャリティfor福島」前半戦は、盛況のうちに無事終了しました。あと2日間、来週の22日(月)、23日(火)に3便ずつ実施します。告知期間が短く、最初は友人・知人の方の予約が中心で、とてもありがたいと思う反面、席が埋まるのか心配でしたが、おかげさまで、主にクチコミを中心に予約をいただき、リピーターの方もいらして嬉しい限りです。

そして、今回とてもポテンシャルを感じたのは日本橋の地の利の良さ。橋のたもとで、プラカードを持って立っていると、結構フリのお客様がいらしてくださるのです。仕事帰り、買い物帰りに「へぇ、こんなのやってるんだ。ちょっと乗ってみようか?」という感じで。クルーズ時間帯や料金の手頃さもあるのでしょうが、人通りの多さが他の船着場とは全然違います。

浅草、両国などの隅田川沿いの水上バス乗り場も、屋形船の出船が多い晴海の朝潮桟橋も、駅から近くて便利なところにあります。ただ、日本橋と決定的に違うのは、それらは船に乗るために行く場所であり、人通りはそれほど多くないのです。もし、浅草の仲見世が隅田川沿いにあったら、ちょっと客引きをすれば、ブラッと船に乗る人は増えると思います。浅草に来ても、隅田川がすぐそこで水上バスに乗れることを知っている人ばかりではないですしね。

浅草の場合はスカイツリー効果で、対岸のツリーを眺めようという人が隅田川に惹き付けられ、吾妻橋も撮影スポットになってきているので、今後日本橋よりももっとポテンシャルが出るかもしれませんが。ただ、現在の船着場が水上バス以外にも開放されるかどうかは厳しいのかも。

翻って日本橋付近は、オフィスビルが沢山あって、有名デパートや商業ビルも集まっているところ。川はあるのに、その役割や歴史が忘れられた状態であったところに、舟運を見直そう、往時の水辺の賑わいを取り戻そう、と船着場が後から出来た、という違いがあります。しかも、日本橋は中央通り。神田~銀座を繋ぐメインストリートであり、日本の道はここから距離の測定が始まる場所。こんな一等地ですから、昔、船着場があったのも当たり前ですね。魚河岸もあったし、買い物に来るのも、遊びに行くのも船を使って来ていた人が沢山いたのでしょう。

実際に利用してみて、あぁ、ここに船着場が復活したのは、本来それが正しいあり方だと歴史が教えてくれたのかなあ、と思うのでした。ちょっと買い物して、船に乗ってどこかに行く、仕事帰りの一杯を川の上で楽しむ、それが気軽にできる場所になる、という意味で。ここから船に乗ることが当たり前のこと、ともっと沢山の人が感じてくれるように、自分がこれからどんなことが出来るか、どんな楽しみ方をしてもらえるか、また色々考えて行きます。
関連記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。