◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12月25日(水)

赤穂浪士に思いを馳せて、討入り舟遊び

舟遊びの事業を始めたら、やりたいことの一つに、忠臣蔵にちなんだ舟遊びがありました。以前、吉良上野介の側から描いたお芝居を見に行ったエントリーでも書きましたが、私は忠臣蔵が好きなのです。

赤穂浪士が討ち入った吉良邸は、両国の南、本所松坂町にあり、そこから泉岳寺に向かうルートは、隅田川だけでなく、竪川、小名木川を渡ります。舟でその足跡を辿りつつ、みづはが応援する日本の伝統文化による忠臣蔵のお話などを絡めた舟遊びをやってみることにしました。

忠臣蔵の話は、浄瑠璃、落語、講談、浪曲などの語りの芸が色々あります。今年の初夏に行った浪曲イベントで知り合った若き浪曲師、東家一太郎さんに今回はお願いしようとお話を持っていったところ、快諾してくれました。

隅田川は舟が揺れるので、集中してできないということと、曲師(三味線)の方も演奏しにくいということで、日本橋川の静かな水面をゆるゆると航行しながら、刃傷のあった江戸城本丸松の廊下をしのび、江戸城外堀の石垣の見える常磐橋付近を中心に浮かんでやりましょう、ということに。

浪曲と舟遊びで2時間ちょっとなので、飲物やお菓子を用意。
赤穂浪士が永代橋を渡る前に、甘酒粥を振舞ったとされる、佐賀町のちくま味噌の甘酒を買いに行きました。
行ってみたらお店がない!住所は合っているので電話をすると、ちくま味噌は料亭などにお味噌を卸しており、実店舗はないそうです。楽天市場に小売店舗があります。事務所に在庫があったので甘酒は買えてホッとしました。ちくまビルの前には、こんな石碑が。
chikumaamazake2.jpg

乳熊屋(ちくまや)の初代作兵衛は風流の道を嗜み宝井其角に師事、赤穂浪士の一人大高源吾も其角の弟子で、友人同士だったそうです。それで本懐を遂げた赤穂浪士が泉岳寺へ向かう途中、永代橋に差し掛かったこころで、一行を店に招じいれ、甘酒粥を振る舞ったという故事があるそうです。

甘酒は、砂糖を加えていない、米と米麹だけの本来の甘酒。さらっとした甘みで美味しいです。
chikumaamazake1.jpg

お菓子は、浅野内匠頭が刃傷の後に預けられ切腹させられた田村右京太夫の屋敷があった場所にお店を構える新正堂の切腹最中。見た目は「!」という感じですが、あんこは甘みを抑えていて、求肥も入っていてお味は美味しいんですよ!お詫びの手土産に人気だとか。
seppukumonaka.jpg

みづはの小さな船内での浪曲は迫力満点、臨場感100%!三味線との掛け合い、グルーブ感、10人程度でアーティストを独占できるって、贅沢だなぁと思います。
uchiiri.jpg

演目は、「弥作の鎌腹」討ち入りに赴く弟神崎与五郎を守るため、鎌で切腹する兄弥作のお話。今月国立劇場で、中村吉右衛門さんがやっていた役でもあります。義理人情どっぷりなお話ですが、昔の日本人が意気に感じていたこういう話が我々の精神性にも影響与えているなぁ、と感じます。

舟は赤穂浪士が渡った亀島川の高橋をくぐり、隅田川へ出て、築地の浅野家上屋敷跡付近から北上。両国橋から南下、松坂町のすぐ近くにあった竪川の水門や、赤穂浪士が渡った一之橋、小名木川の万年橋などを見ながら日本橋へと戻りました。約60分の行程。江戸の名残を色濃く残す川や橋の存在に参加者の皆様も少し江戸の息吹を感じてくださったようです。

初めての試みで、企画の時期や価格設定、また当日の動きなど行き届かぬところもありました。お客様からのご意見も頂戴しながら、その反省を生かして来年も討ち入りにちなんだイベントをやりたいと思います。一年後、乞うご期待!
スポンサーサイト
 
10月20日(日)

サプライズ茶会も!神田川舟遊び

10月19日は、ちょうど良い時間に潮位が低くなり、みづはでも日銀本店近くで現在工事中の常磐橋をくぐれる日。ということで、神田川舟遊びをやりました。

前日に一日遅れの十三夜のお月見をしたので、その名残のススキとお芋も飾ったまま出かけました。本当は十三夜は芋名月ではなく豆名月なんですけどね(^^;


日本橋川上流は、明治~昭和初期建築の宝庫。大正7年にかけられた鉄道橋に付いているレリーフ。船の上からでないと、なかなか見られないものです。刻印が右から左になっているのが昔風。
nihombashiJRmark.jpg

大正14年架橋の一ツ橋。橋の左にグリーンの縦のプレートがあり、「復興局建造」とあります。
nihombashi hitotsubashi

明治時代のレンガの橋脚が今もJRを支えています。
nihombashimisakiJR.jpg

さて、神田川に出たところで、お客様にサプライズ茶会をアナウンス。
TV関係のリサーチをしている知人、桜井さんのお母様がお茶の先生で、電気の炉や茶釜、お茶碗など、一式をお持ちくださり、神田川でお茶会をスタートです。


お菓子は、神田川の柳橋付近の老舗、梅花亭の三笠山と子福餅。三笠山はえんどう豆の若草色の餡が特徴で、肌理が細かく、ほろっと口の中で溶ける餡がたまりません。大好きな和菓子の一つです。


少し曇っていましたが、雨の心配はなさそうだったので、前のデッキ「舟桟敷」でお手前が始まりました。


船はゆっくりと分水路前を通過。
kandabunsuiro.jpg

聖橋の前でゆったりとお茶会、なんだか不思議な気分です。
写真 13-08-24 12 14 59

抹茶の香りが川の上に漂います。


9月14日にオープンした、旧万世橋駅をリノベーションした施設、マーチエキュート神田万世橋。
デッキに出ている人からは、お茶会の様子も見えたようで、物珍しそうに見ながら手を振ってくれました。
写真 13-08-24 12 20 22

みづはは、秋葉原駅付近へ。大田道灌が江戸城の鬼門除けに作った柳森神社。
kandayanagimori.jpg

梅花亭のすぐ近くの柳橋付近。屋形船の船宿が何軒も連なっています。
kandaasakusabashi.jpg

神田川から隅田川に出るところ、JR総武線の鉄橋の奥にちょうどスカイツリーがよく見えます。
kandaJR.jpg

高速に覆われた日本橋→緑が多く鉄道と並走する神田川→海のように視界が開ける隅田川。このコースのクレッシェンドのような構成が人を惹きつけるのかなあ、と思います。身近な場所だからこそ、視点が陸から水上に転換した時の面白さも大きいのでしょう。

波のない神田川をゆっくりと走り、予期せぬ船上茶会にお客様も喜んでくださったご様子。今回はお試しという形で、事前告知なしで行いましたが、今度はきちんと船上茶会企画として、お手前をして頂く側にももっと快適にやりやすい形を考えて行きます。乞うご期待!

おまけ。梅花亭にお菓子を買いに行った時に、柳橋の近景を撮りました。昭和4年の橋。アールデコな造形とリベットの配列が綺麗です。


そして料亭が連なっていたこの界隈、柳橋芸者をしのんで簪のかざりも付いているんですよ。

 
10月16日(水)

みづはがワイルドなところも見せたロックゲート舟遊び

10月12日に、扇橋閘門と荒川ロックゲート、2つの閘門を通過するダブルロックゲート舟遊びを行いました。
赤い扇橋閘門は小名木川の真ん中に、レンガ色の荒川ロックゲートは、旧中川と荒川の交差点にあります。
doublerg.jpg

東京湾の干潮時よりも強制的に水位を1メートル下げている東京の東側、江東区を中心とした内部河川。小名木川の一部、横十間川、北十間川、旧中川がその対象です。これらの川と隅田川や荒川は最大で3mも水位が異なるのに、どこにも水がなだれこむ激流がありません。これは、閘門や水門で囲い、内部河川の水をポンプで排水しているのです。

でも、船はどうやって通るのか?そこで導入されているのが、パナマ運河と同じ原理で船を通す閘門です。
水位の高い側と低い側の間に閘室という水の部屋を作り、その中で船が行きたい側の水位に合わせて通れるようにしてくれるのです。
仕組みの図解は江東治水事務所HPを↓
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/chisui/jigyou/suimon/sisetu/ougibashi_drive.html

閘門の通航には時間がかかるので、日本橋発着135分で設定。実際はもう少しかかってしまったので、次回は余裕を見て150分で設定するつもりです。

今回は秋の遠足と題した舟遊びだったので、遠足のおやつを配りました。
日本橋と江東区にちなんだお菓子。日本橋からは、榮太楼のピーセン、山本海苔煎餅、江東区からは、船橋屋の和のフィナンシェ、亀戸の梅ケーキ、風月堂の塩釜。
1385483_521515637935828_47521263_n.jpg

日本橋を出発し、小名木川へ。家康が江戸入府後の1590年頃、すぐに開削に着手した運河です。塩の産地であった千葉の行徳から、安全な航路で塩を運べるように計画したもの。現場監督が小名木四郎兵衛さんという人で、その人の名前を冠しています。

大横川との川の交差点を過ぎます。
写真 12-10-26 11 46 57

そしていよいよ最初の閘門、扇橋閘門へ。低水位河川に入る為、閘室内の水位が下がります。何度かみづはで通航練習をしてきたおかげで、問題なく通れました。
1237136_510857749001617_719490035_n.jpg

ここから先の小名木川は、護岸工事中で、台船のが張り出した狭いところを通ったり、結構緊張します。事前に連絡をしておいたので、作業船がどいてくれました。

次の荒川ロックゲート、今度は水位の高い荒川に出るので、ロックゲートの中に水がどんどん入ってきて、水位が上がります。扇橋閘門よりも水の出入りのスピードが遅いので通航に時間がかかりますが、こちらもクリア。
写真 12-09-29 16 28 44

両閘門とも、ゴゴーッという音とともに片方の門が開いて水が滴る様を見て「すごい迫力ですねー!」「東京にこんなところがあるなんて知らなかったわ!」とお客様の反応のテンションが上がっているのがわかります。

そしてみづはは荒川へ。実はこの日は夏かと思うほどの天候。南風が吹いていました。ということは、荒川を下る時は向かい風。もうこの時期は北風に変わっていると踏んだのに。。。ここはスピードを出すところなので、しぶきが沢山入ってしまいます。お客様には船室に避難して頂き、クッションもしまって、みづはは荒川をブイブイ下って行きます。

前から入ってくる派手なシブキに、「うわー、漁船に乗ってるみたい!」「船首上がってますね~。結構速いんですね!」と普段よりもワイルドなみづはにお客様も大喜び。たまにはこういうのもいいのかも。

荒川河口橋が近づいてきました。
写真 13-07-11 10 14 25

ここで新砂水門から砂町運河に入って行きます。
写真 13-07-11 10 06 06

ここは東京の水防の要。ここが壊れたら東京東部はおろか、中心部も水浸しになると言われます。堅牢な鋼鉄の扉は迫力満点。お客様のカメラのシャッター音が響きます。
写真 13-07-11 10 05 43

このコースは、大小バラエティに富んだ水路を巡るコース。日本橋川~隅田川~小名木川~旧中川~荒川~砂町運河~豊洲運河~隅田川支川と縦横に水路が走る水の都東京を船から感じて頂きました。

本当は閘門通過やしぶきの入っているデッキの様子など、もっとお伝えしたいシーンが沢山あったのですが、閘門通過時の綱取りや、二度の閘門通過と荒川南下で濡れた椅子の雑巾がけなどでバタバタと忙しく、写真を撮る暇がありませんでした。お客様を実際に乗せての閘門通航は初めてで、オペレーションのコツも少し掴めたので、次回は余裕を持ってできるよう、改善も加えながら楽しい舟遊びにしたいと思います。

何より、東京にこういう施設があることをもって知ってもらいたいですっ!
 
09月27日(金)

尺八の音色と、虫の音に包まれたお月見舟遊び

9月19日の中秋の名月の夜、お月見舟遊びを行いました。
みづはが出来たらやりたいことが色々とあったのですが、その一つは季節の移ろいや自然を愛でる舟遊び。お月見、お花見、夕涼み、紅葉狩りなど。ちょうど開業してまもなく中秋の名月がやってくるので、ホームページが出来る前からFacebookページのイベントでお月見舟遊びの募集をしました。

お月見弁当とお菓子、尺八の演奏の付いた舟遊び。尺八職人であり、演奏者でもある松本浩和さんに演奏をお願いしました。幸い友人・知人の皆さんが、ご祝儀代わりに申込をしてくれて、おかげさまで満席に。

お月見といえば、お供えのお団子。船首のビットの所に三方を据え付けました。


船室舟水屋にもススキを。お客様が持ってきてくださったお祝いのお花も、秋の興趣が漂います。


当日は昼間も秋晴れで、カラッとして澄んだ空気。満月が輝き始めてほどなく、10名のお客様を乗せて出航。
まずはお月見弁当を召し上がって頂きます。蓋を開けると、お月様に兎が!皆さん早速写真を次々と撮っていらっしゃいました。
 

秋の実りを感謝する日でもあるので、野菜使いの上手な、懇意にしている自然派レストランGR8(グレイト)さんに、オリジナルのお月見弁当をお願いしました。出航前に試食を兼ねて私も頂きましたが、素材を生かした薄味で、滋味ある美味しいお弁当でした。

お食事や演奏のためにご案内したのは、静かな水面。夜は船が殆ど通らず、月の明るさを堪能できるように敢えて暗いところに行きました。


お食事のあとは、尺八の演奏です。尺八という楽器の作りや、尺八は虚無僧の修行用の法具であり、江戸時代は一般に人は吹いてはいけなかった、等のお話を伺います。尺八については、以前松本さんのライブに行った時に書いているので、そちらをお読みください。
→http://oedofunaasobi.blog102.fc2.com/blog-entry-234.html


月明かりのもとで、空に上っていく尺八の音色。「鶴の巣籠り」という名曲も吹いてくださいました。
お月見には邦楽が似合いますね~。


演奏中、舟は速度をデッドスローに落とし、ゆるゆると水面を滑って行きます。横の土手からは秋の虫の音が冷涼な空気を震わせています。「船底をコロコロ、チャプチャプと打つ水の音がスゴくいいですね」と言うお客様。そして、水に映る月。平安時代のお月見は、池に船を浮かべて水に映る月を愛でたとか。小さいので実験映画みたいですが、舟で進みながら水の上を走る満月を撮ってみました。(20秒程度の動画です)白い線香花火みたいに見えます。


秋の風情を楽しんでいるうちに、あっという間に2時間が過ぎました。お食事と演奏があるので、2時間半でも良かったかもしれません。最後に松本さんから、木遣りをやりませんか?と言われ、恥ずかしながらとーちゃんと私も加わり、木遣りを一節唄わせて頂きました。お耳汚しでしたが。

参加者の皆さんからは、「夢のようなひとときでした」「生涯最高のお月見」といった嬉しいお言葉を頂戴しましたが、これも晴天のおかげ。雨が降って寒かったら、こうはいきません。素晴らしい月を見せてくれた自然に心からの感謝と畏怖を覚えた一夜でした。そして素敵なお弁当と演奏で御協力くださった、GR8のみきちゃんと松本さんにも大感謝。

みづはでは、今後も季節の舟遊びや、邦楽を中心とした学びと遊びのイベント舟遊びを企画して行きますので、ご興味のある方は、時々ホームページやFacebookページをのぞいて頂くか、メルマガ「みづは便り」の配信を申し込んで下さいね~。
 
08月11日(日)

みづはの花火大会デビュー

8月10日の東京湾大華火大会。プライベートで、両親と親戚総勢11名を乗せて出航しました。みづはの花火大会デビューです。激アツな一日で、夕方になってもなかなか気温が下がりません。

数日前に、進入できないエリアなどを確認しながら、練習運航をしたのですが、その時と一番違うのは船の数。
花火会場に近づくと、観覧エリアに入る船、レインボーブリッジに沿って横断しようとする船、日の出や竹芝桟橋に向かう船などが交錯しています。海上保安庁や湾岸警察の船、警戒船が監視にあたっています。新参者の私達、意味もなくドキドキ(笑)

開始は18:50。このくらい明るいうちから始まります。


こんなに近くで東京湾花火をみたことがなかったので、それだけでテンションあがります。


しだれ柳がやっぱり一番好き。


花火の色が水に映るのを真近に見られるのは舟ならではです。


東海汽船さるびあ丸は花火の真っ最中に出航。旅行や帰省で満席の様子。皆さんデッキで花火を見ながら出発です。しかし、周りに色んな船がウロウロしている状況で、大型船を動かすのは大変だと思います。船首にサーチライトを付け、何度もホーンを鳴らしていました。警戒船からも、航路を邪魔しないで、と何度もアナウンスが。


花火台船の根元から花火が上がるのを見たのは初めて。保安エリアが広く、そこには船が入れないので、逆に根元が見えるんですね。


拡大すると花火の光ってこんなふうに雪のようなんですね~。


東京湾花火は水面が広いので、周囲の船との間隔など見張りに気を遣いながらも、かなり楽しむことができました。船長いわく、横浜の花火よりも他船との間隔は大分空いているそうです。両親と叔父叔母達も、大迫力の花火にかなり喜んでくれた様子。お酒の酔いも手伝ってかなり盛り上がったようです。皆船酔いしなくてよかったです。


問題は帰りです。終わると一斉に船が帰ります。航路を邪魔する船もいるし、運河に入ってからは、プレジャーボートや釣り船はガンガン飛ばして来て、引き波がスゴイのです。飛ばしすぎて、船首が30度ぐらい上がっている船もいました。女の子達を乗せています。いいところを見せたいのかな~。こちらはその引き波の影響をモロに受けて船長は大変だったと思います。特に東雲運河の水門を抜ける時は、荒れまくった水面の動きに気を遣いながら、船が門にぶつからないようにこちらもボートフックを抱えてとても緊張しました。幸い熟練の船長が上手くやってくれてフックを使うような場面はありませんでしたが。無事マリーナに着岸した時は心底ホッとしました。

親達を帰すのに、タクシーを呼んでマリーナの出口まで送っていきましたが、そこでまたビックリ。迎えのタクシーが30台ぐらい並んでいました。番号を間違えたら大変です。黒塗りの車も何台か来ていて、VIPの接待にクルーザーで花火見物したのがうかがえます。確かに今日は、昼間マリーナに到着した時、すでに通常の週末の何倍も人がいました。駐車場も満杯だったし。

片付けが終わり、私達が帰る時も、まだ船内でワイワイとパーティをしている人達や、クラブハウス前のテラスで盛り上がっている一団がいました。マリーナにとっては、一年に一度の祭りですね。

来年は、身内ではなく、お客様を乗せることになると思うので、プレジャーボートがいなくなってから帰るとか、乗降する桟橋を選ぶなどして、あまりスリリングにならないよう工夫したいと思います。花火大会は、おそらく一年で一番安全に気を遣う一日。出船して色々わかったことがあったのが収穫でした。もちろん水上から見る花火の美しさは格別で、それが一番の収穫なんですけどっ!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。