◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10月01日(火)

デビューしてはや一ヶ月

8月30日に、日本橋で運航を開始してから、一ヶ月が経ちました。舟がまだ新しい事もあり、機関や設備のトラブルもなく、無事にお客様を乗せて走ることが出来ました。色々と不慣れで至らぬ点があるにもかかわらず、友人達が応援乗船に来てくれたり、飛び込みで乗った方達が「また来るわね。」と握手してくださったり。ご無沙汰していた友人と、舟で数年ぶりに会えたりすると、あぁ、始めて良かったなぁ、と思います。

この一ヶ月で、貸切と乗り合いを併せて300人近い方にご乗船頂きました。12名定員ですので、大型の水上バスなら1回で運べる人数を1ヶ月かけて、という事になり、輸送という視点で単純比較すれば「効率悪いね」という風に映るかもしれません。でも、私達は自分を「輸送業者」とは思っていないんです。物理的には運んでいますが、舟でお客様を運ぶことによって、車とは違う開放感や非日常感を味わって頂き、小さくてもいいから幸せをお届けする事業者だと思っています。水上バスも楽しいけれど、それとは違う楽しさを提供するのが私達の仕事です。

この300人という数字は、みづはに乗ってくれて、その存在を知ってくれた人が純増300人ということです。キャンペーン価格だから来てくれた、ということもあるし、半分近くは親戚や友人知人、そのご紹介の方なので、これからどの程度効果が出てくるのかは未知数です。まだ採算ラインに乗る数字ではないし、ギリギリです。でも、すぐにポイッと捨てられるチラシや、お金をかけたけど誰が見てくれたのかもわからない広告よりも、お金を払って乗ってくださった方の口コミのほうがきっと効果があると思ってます。もちろん「あそこはやめといたほうがいい」という口コミもあるのは覚悟の上で。

というわけで、今月もオープニングキャンペーンは継続します。デビュー前の告知期間が短かったこともあり、知って頂くためには、もう少しやったほうがいい、という判断です。今週は船長の都合や、船の整備、その他溜まっている雑用をこなすため運航していませんが、来週以降また新たな出会いや、友人との舟の上での再会を楽しみにしています。秋の遠足などのイベントもありますので、ご興味のある方はホームページをご覧下さい!

兎にも角にも、多くの人に支えられている事を実感する日々。おいで頂いた皆さんに、快適に楽しんでいただけるように、小さな事を積み重ねていきたいと思います。
スポンサーサイト
 
09月19日(木)

間があいちゃったけど、ブログも続けます

8月30日に、みづはに最初のお客様をお迎えして、ほぼ3週間が経ちました。
初日の乗合舟遊びは、知り合いの方のご予約が数名入って、2便運航で飛び込みの方も含め、10名の方が乗ってくださいました。売上は25,000円也。みづはでお金を頂いたこの日のことは一生忘れないでしょう。
金額の多寡ではなく、10名の方がみづはを知ってくださったということ、そして60分間とはいえ、命をあずけてくださったということがとても感慨深いです。

お店を始めたり、事業を興す人にとって、初めてのお客様や初めての売上というのは特別なものですね。あらためて思いました。日々のオペレーションにはまると、初心を忘れがちですが、8月30日、10名、25,000円と日報に記載された記録はずっと残ります。時折見返して、その感動を思い出そうと思います。

学生時代・勤務していた会社・米国在住時・準備期間中に知り合った方など、色んな方面の友人・知人が関心を寄せてくれて、乗りに来てくれています。本当にありがたいことです。ご祝儀がわりという事もあるでしょうが、3年の準備期間中に、心配かけていたんだなぁ、何も言わなかったけど応援してくれていたんだなぁ、というのがわかって、胸が一杯になります。

あきらめなくて良かったな、と感じる日々。途中で投げ出していたら、もらえなかった祝福。全てはこれからですが、夢の第一段階を実現できた経験が、これからの自分を後押しし、元気付けてくれると思います。貸切はまだ知り合い以外の方からはご予約がないので、これから関心を持ってもらえるようなプラン作りや、お金はかけられないけど、宣伝告知をもっと工夫しなくちゃいけないですね。

このブログは3年近くやっているので、検索エンジンにヒットする率はHPよりも高いです。これを活用しないともったいないので、更新は続けます。HPに加えて、日々の風景などの写真&イベント告知や交流は主にFacebookページ、当日の運航状況や残席情報はTwitter、ブログはイベント報告や川や舟のこと、今考えていることなどを綴るという形にしていこうかな、と思っています。Facebookページも公開モードにしているので、Facebookをやっていない人も見られます。

更新頻度がイマイチですが、時々このブログものぞきにいらして下さい!
今夜は初のイベント「みづはのお月見舟遊び」。お天気が良さそうなので、輝く満月が期待できます!お月見弁当で一献傾けながら、尺八の音色に身を任せ月を眺める。そんなイベントです。おかげさまで10名様満席となっています。緊張もしますが、私も一緒に楽しみたいです。イベントの報告はブログで後日行いますね。
 
08月30日(金)

ウェブサイトオープンしました、そしてブログ名変わりました

本日、8月30日に、「舟遊びみづは」のホームページをアップしました。暑い中の試運転から帰ってきて、夕飯作って、それから作業、という日々で、PCの前でこっくり、こっくりと舟を漕ぐことも何度かありましたが、なんとか8月中に間に合いました。

もちろんデザインや実装はウェブ製作会社さんにお願いしましたが、中身を作るのはこちら。原稿書きや写真選び、内容やレイアウトのチェックを経て、昨日の午後に最終の変更や微調整が終わりました。英語版のオープンにはまだしばらくかかりますが、これも私の頑張り次第です(汗)

ということで、
舟遊びみづはのサイトはこちらです → http://www.funaasobi-mizuha.jp/


もっと早くから準備しておけば良かったんですが、舟が出来るまでは、艤装品の手配やらなにやらでバタバタ。それと、出来あがるまでイメージが湧いてこなくて、完成したみづはを見てやっと、HPの構成はああしよう、こうしよう、という考えがまとまるようになりました。想像力に乏しいんですかね~。まぁ、追い込まれないと馬力が出ないという性格のせいもあると思いますが。

関東運輸局に出した事業開始届は、9月8日開業で受理されました。8月23日から遊漁船としての営業は出来るようになっていることもあり、本日から9月末まで、オープニングキャンペーンをやります。詳しくはホームページの「かわら版」記載の「舟開きのお試し舟遊び」の内容をご覧ください。お知らせ欄に、チラシも掲載しています。日本橋発着の60分の乗合お試し舟遊びと、貸切舟遊びのキャンペーン価格での提供、の二本立てです。他にもお土産や口コミ特典等をご用意しています。

ということで、事業開始にあたりまして、このブログの名前も変更です。「お江戸の舟遊び創業しちゃいました日記」となります。URLは今まで通りです。

当初は、開業したらブログをやめようと思っていましたが、ウェブ製作会社の方や、SEOに詳しい人から、せっかく蓄積してきたコンテンツだし、結構検索にかかるからもったいない、2年以上ブログを続けている結果だから、と言われ、続けることにしました。写真1,2枚でサラッと更新するか、更新頻度は下がっても(もう充分下がってる?)文章主体でやっていくか、考え中です。

テーブルと椅子も入り、お客様をお迎えできるようになりました。


いよいよ船出です。
 
07月13日(土)

金は天下の回り物、を実感してます

みづはが完成したのはよいのですが、お役所の手続きや試運転もあり、まだ売上があがるまでには間があります。入ってくるものは殆どないのに、出るものはどんどん出て行く、という状態が特にここ数ヶ月続いてます。舟を作ったのですから、当たり前といえば当たり前ですが、3桁万円で出て行ったりするので、内心はハラハラ。

でも、舟で使うものを整えていく過程で、これというものを探し回ったり、気に入ったものを購入したりするのは楽しいです。これまで抑えていた購買意欲を満たしている感じです。

舟遊びでの起業を決めてから3年間、消耗品や必需品以外の服や靴は一切買いませんでした。お気に入りのセレクトショップやブランドのお店に入るのをやめました。大好きな骨董品巡りも行かなくなりました。見ると欲しくなってしまうから。欲しい!という誘惑に勝つ自信がなかったから。もともとそんなに流行を追うほうではなかったけれど、ちょっと面白い柄のシャツとか、風合いの良い素材、アールヌーボー磁器などに出会うとつい買ってしまう自分がいました。

買わなくなって、今あるものを見渡すと、充分に持っていることに気付きました。自分が好きと思えてずっと大事にしたいもの、これからも身につけたいものに実は囲まれていたんだな、と。これでも女性ですから、自分を装うことに興味があるし、そういうことにお金をかけたい気持ちは今もあります。でも、3年間それを我慢したおかげで、今はみづはの装いにお金を使えるんですよね。みづはは、私の娘。娘に良いものを持たせたい、という一心です。

前職の会社の現会長が「お金を手放してやること」についてよくセミナーなどで話していた意味が、今は物凄くよくわかります。私達が今回みづはを作ったことは、誰かのどこかの会社が売上や利益をあげることに繋がっています。それは普段自分を含め皆がやっている購買・消費行動と全く同じ意味なのですが、それがグローバル企業のどこの誰かわからない人を潤すことになるというよりも、自分の目の前の人とそのステークホルダーに直接お金が渡るということが今回は圧倒的に多かったから余計にそう感じるのでしょう。しかもその金額がまとまった額だったりしたので余計に(笑)。

今回手放したお金が、回りまわっていつか自分のところに戻ってくるのか?どのくらい戻ってくるのか?それはわかりません。投資の回収、という観点では、そうなるように努力するのが企業としては当然のことです。もし第三者が私達の会社に出資していたら、そう考えて当たり前ですし。ただ、お金を手放したことで得た、人との素晴らしい出会いや、得難い経験のほうが自分には大事だな、と思えます。もちろん手放したお金で作った舟を誰かが気に入ってくれて、価値を見出してくれて、それがお金として戻ってくればもちろん嬉しいことですが。

このお金を使わずに取っておいたら、老後にもっと経済的に豊かな暮らしがあるのかもしれない、そう思う人は起業しないのかもしれませんね。酔狂とか、アホ、とかも言われましたが、これが私達の選んだ人生。回りまわってこなくても、その時は、その時。みづはが出来て、いよいよその思いが強くなっています!
 
06月02日(日)

なんだか気ばかり急いて

先月半ば過ぎに伊豆の造船所を訪問し、色々と細かい打合せを行い、進水式の日取りもだいたい決まって戻ってきました。以来こちらで様々なことを決めたり手配したり、宿題をこなしています。

船のスペースは家に比べて限られているため、例えば鏡ひとつ取っても、壁の幅に制限があったりして、あれこれネットで探したりしていると随分時間を取られてしまいます。「お!サイズが合うぞ!」と思うとデザインや色がイマイチだったり、受注生産で納期は一ヵ月後、なんて書いてあったり。はたまた品切れだったり。結局今日一日で鏡1枚と、水道の蛇口の注文するだけで終わった、なんてこともあります。効率わる~い…。でも、自分で納得して選ばないと、後悔するのは目に見えているので、仕方ありません。例え失敗しても、自分で決めたのならまだあきらめもつきますから。

リストを作って、終わったものからチェックしていますが、なかなかチェックが入らず、自分にイライラ、あたふたしていて、結局ブログが手付かずになってしまいました。ツイッターやフェースブックと違い、ブログは文章も写真も多めに入れるし、セミナーなどで聞いたことは、誤った情報を伝えないように(そして自分が後で読み返した時のために)、あやふやだった箇所は調べ直したりするので、ちょっと腰を落ち着けて書きたいんですね。

あれもやらなきゃ、これも考えておかなきゃ、という状態で、なんとなく地に足が着いていない心持ち。でも工場夜景クルーズとか、伝統芸能を見に行くとか、同好の士と出会えて、舟のことも知ってもらえる良い機会なので外せません。こうしてブログネタも溜まっていくのです。orz

しかし、このブログは開業までの進捗だけでなく、クルーズの楽しさ、河川を取り巻く環境、舟遊びで伝えたい江戸の工芸・文化の面白さや江戸の都市計画への感謝、という大きなテーマのベースとなるものをお伝えする、というミッションを持ってやってきました。それに興味を持ってくださった方が読者として私に励みを与えてくれています。今月はユルユルしていた自己管理を少し厳しくして、溜まったネタを連続更新していきますので、また読みに来てくださったら嬉しいです。

とにかく、コツコツ一つずつ片付けて行けば、いつか視界は晴れてくるでしょう!!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。