◆お知らせ◆
舟遊びみづはウェブサイト
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
茶色白抜きロゴ

◇Twitterアカウント◇
@riverboatmizuha

◇舟遊びみづは Facebookページ◇

舟遊びみづは Riverboat Mizuha



プロフィール

Miho Sato

Author:Miho Sato
「舟遊び みづは」運営主体の、株式会社フローティングライフ代表取締役。
江戸の人が遺してくれた東京の水辺は貴重な財産。数名で貸し切れて、江戸工芸に触れて楽しみながら、ゆったりと江戸の粋や情緒、名橋の数々を満喫できる舟遊びを提供します。
http://www.funaasobi-mizuha.jp/
ツイッターでもつぶやいてます:@mihobjm

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04月30日(火)

来て感じるほうがやっぱり私には向いてるなあ

翌日はレンタカーを借りて、まずは山元いちご農園へ。メールで予約をしていたので、常務さんが「あぁ、千葉県の方ですね。わざわざありがとうございます。」と迎えてくれました。

ハウスは8棟並んでいます。一つ一つが結構大きいです。


そもそもイチゴ狩り自体も初めての私。ハウスに入ると、甘い香り一杯。期待が高まります。この日の気温は20度近くだったので、特に香りが強かったみたい。震災前は地面に直接植えていたイチゴ。津波により、潮水浸しになった水田で始めた農園は、土を除塩する代わりに、高設栽培を選択しました。腰より少し高いので、収穫作業はやり易くなったのだそうです。


熟したものを選びながら、イチゴを口にいれると、瑞々しくすっきりした甘さが口内に広がります。幸せ~。イチゴ狩りは30分。最初はパクパクと快調でしたが、10分ちょっとでもう苦しくなって来ました。すこしペースダウンしつつも、イチゴ2パック分ぐらいは食べたかなあ。


農園の入り口にある建物では、イチゴのパック詰め作業が行われています。


これが、出荷前の状態。国道沿いの売店にも持っていくそうです。


ゴールデンウィークは、イチゴ狩りの予約も随分入っているとのこと。少しでも多くの人が訪れて、再建の歩みを進める力になったらいいなぁ、と思います。

次は、同じく山元町にある、工房地球村へ。地球村は、精神障害者の方が通う授産施設で、名産のイチゴを使ったジャムなどを作っています。ジャムの材料となるイチゴを作る農家が震災で激減し、苦しい時を過ごしてきました。


施設内のこのカフェは、津波によって人々が集まる憩いの場がなくなってしまったことを受け、障害の有無にかかわらず、地域の人が自由に集まって語り合える場所を作って、これまでずっと支えてきてくれた地域の人にお返しをしたい、という思いで作られた由。施設の方が描いた絵が飾ってあります。


ジャム以外にも、イチゴをモチーフにした手ぬぐい、コーヒー豆や津波の体験を綴った冊子などが売られています。ちなみに、このジャムは完熟のイチゴを使っていて、ペクチンを使用しておらず、とても香りが高くて優しい甘みのジャムでした。


カウンターで、リーダーの女性(健常者の方)が、震災後の心境など色々お話してくれました。


3月11日近辺は、テレビで東北のことが色々取り上げられたけれど、その日が終わるとパッタリと放送されなくなったこと。テレビを見た人に「復興してよかったね」と言われて、「え?まだ全然なのに」と複雑な気持ちになったこと。自分の家が全壊し、知らない集落に移って来たけれど、やっぱり寂しい、と電話で以前のご近所さんと慰めあっていること。などなど。

そして以前、南三陸でも聞いたのと同じ言葉が。「ボランティアしなくていいから、お土産も買わなくていいから、見に来てほしいんです。来てくれるだけで、あぁ、まだ忘れられていないんだなぁって思えるから。」

関心が薄れて来ているのは事実だと思います。私の周囲でも、被災地に最近行った人はあまりいないし。行きたくても色んな事情で行けない人もいるでしょうが、こうした東北の人の思いはなかなか伝わっていないと思うし、訪れるモチベーションを高める仕掛けがもっといるのかもしれません。

イチゴを沢山食べたわりには、殆どが水分ということもあり、お昼にはまたお腹が空いてきました。
仮設店舗で営業する、工房地球村からすぐのラーメン屋さんへ。パイプ椅子に会議机という状態ですが、あっさり醤油に縮れ麺という私好みのラーメンで、美味しかったです。


宮城県の一番南、山元町から沿岸部を仙台市まで北上します。
亘理町の荒浜漁港に立ち寄りました。漁港は工事が進行中ですが、漁は行われています。
港にある「フラミンゴ」というお店。ホッキ飯やハラコ飯が有名です。晩ご飯用に購入。お弁当の写真を撮り忘れたので、包み紙の写真を。「ほっき」と「発起」をかけているんですね。


ホッキ貝のフライも1つ買ったら、「スープ飲んで行って下さい。」と座らせてくれました。昆布や魚のアラで取ったと思われる、出汁は利いてるけれど、塩分控えめの滋味あるスープ。舌に丁寧さが伝わります。


ここから阿武隈川を渡り、岩沼、名取、仙台と一気に北上。「国交省除塩作業」などと書かれた白い幕が車の前面に張られているダンプカーがとにかく多くて、その車列の迫力にまだまだ平常時とは程遠いことを思い知らされます。

ぽつりぽつりと残る家から、ここは農地ではなく住宅地だったのだ、と気付かされたり。2年以上経過しても、このように1階にビニールシートが張られた家が点在しています。


海が見えるところを走りたいと思いましたが、瓦礫焼却場になっていたり、工事作業中で一般車両は通行止めだったり、道路がなくなっているところがあったりして、漁港以外は海が見えるところに到達できませんでした。この仙台平野は農地が多いので、何も知らない人が見ると、瓦礫が撤去された跡も平らで田畑に見えてしまい、かつてそこに人の暮らしがあったことを感じるのがどんどん難しくなっています。

今後この一帯がどういう形で人の住む場所を確保していくのか、高台のないこの付近では、集団移転についても各市町村ごとに施策が違い、合意形成が難しい地域もあるようです。

被災地に来ると、自分がどれだけ恵まれているかを改めて気付かされます。今の幸せが当たり前じゃない、ということも。そして、厳しい体験を経て立ち上がり、日常を取り戻そうとしている方々とお話することで、自分に問いかけるきっかけをもらいます。本や映像で知ることや、都内で応援の買い物をして現地の様子を想像するのは、私には限界があるみたい。目で見て、匂いを嗅いで、足の裏で感じるほうが、私には向いています。その場で採れたて、出来たてを食べるほうが美味しいですしね~。

次はいつ来られるかなぁ。でもきっと東北を再訪します。
スポンサーサイト
 
04月27日(土)

目も舌も楽しむ復興応援旅

昨年、復興キャピタリストになれちゃう「被災地応援ファンド」という記事を書きました。わずかながら山元いちご農園に出資をして1年。出資者特典のイチゴが届いたときは、なんともいえず心が温かくなりました。
ファンド概要→ http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=208

今年になってから、一度もとーちゃんと旅行に行ってないし、ボランティアツアーではない、復興応援旅に行ってみようか?と急にゴールデンウィーク前に思い立って1泊2日で行って来ました。JRの格安仙台出張パックを使い、レンタカーも、中古車を使ったレンタカーの会社が見つかりました。そこで削った分は、宮城の美味しい食や、復興商店街でのお買い物に使います。山元いちご農園のもう1つの出資者特典で、農園でのイチゴ狩りが無料になるので、それも利用して、実際に見に行ってみることにしました。

1日目はまず、東北3県を回る復興支援展覧会「若冲が来てくれました」へ。江戸絵画の雄、伊藤若冲のコレクターである、米国のジョー・プライス氏の所蔵品を中心とした展覧会。


なんで復興支援旅に来たのに、仙台博物館の展覧会に?
プライス氏は、江戸絵画の繊細さ、ユーモア、粋、技術などをいち早く認め、コレクションを始めた人。震災後、東北の人々に美しいものを見てもらうことで心の支えになれば、とこの展覧会を企画したそうです。展覧会の収益が東北に回るということで、これも応援になっちゃうんですね。2006年に、東京国立博物館で行われたプライスコレクションによる「若冲と江戸絵画」展が素晴らしかったのですが、その時は大混雑。同じものを見るなら、東京よりも空いているのではないか、という期待もありました。

実際は期待したほど空いてはいませんでしたが、東京よりはずっとマシ。なにより、若冲の超有名作品「鳥獣花木図屏風」が、今回はガラスケースに入っておらず、すぐ近くで見ることができました。他にも長沢芦雪や曾我蕭白などの作品もありました。仙台のあとは、盛岡と福島を巡回します。若冲をはじめとする江戸絵画の数々は、描写の面白さ、構図や対象の捉え方の斬新さなどで、訪れた人を魅了し、心を沸き立たせてくれると思います。プライス夫妻の東北への思いと優しい眼差しが感じられる素敵な企画でした。

その後は松島へ。雨が強くなり、湾内の島々の影も薄く、船に乗るのはあきらめました。驚いたのは五大堂がほぼ無事であったこと。江戸時代初期の木造の建物で、海に突き出て建てられていながら、被害は軽かったそうです。


海岸沿いの道にあった商店は津波で水が入ったそうですが、殆どが再開しており、南三陸や山元町などと比べると、建物は流されていないし、津波の痕跡を感じるのが難しいくらいでした。島が沢山あったおかげで、津波の勢いが弱まった、と言われています。確かに有名なお寺「瑞巌寺」の参道の途中に津波到達地点の表示板がありましたが、海から600メートル程度で、海から何キロも先まで津波に襲われた市町村と比べると随分な違いがあります。

最寄駅の仙石線松島海岸からは、代行バスが出ており、この先の不通区間に住んでいる方たちがバスを待っていました。最終バスは21:30位で、仙台市への通勤圏でもあるこの辺り、随分不便だろうなあと思います。

お昼に牛タンだったので、夜は地魚や野菜にこだわった居酒屋へ。石巻近く、金華山沖でとれる金華サバや、春鱈の揚げだし、山菜など、美味しかったです。もちろん地酒も。私のお気に入りは「綿屋」です。地魚を食べられる事がどれだけ幸せなことか、震災前は気付いていなかった、とお店の方が言っていました。

さて、翌日は沿岸部を中心に回ります。
 
02月10日(金)

出張でも寄り道したっていいじゃない?

和歌山に船を見に行くことになり、前泊がてら、和歌山を少し観光。古い町並み歩きが好きな私は湯浅を選びました。ここは醤油発祥の地と言われ、
こんなお店や


こんな看板など、


往時の名残が残っています。古い家々の前には、骨董の簪や櫛などを小さな額に入れて飾っており、訪れる者の目を楽しませてくれるおもてなし。



虫籠窓のある家も、結構ありました。


ここには、角長さんという、天保年間の蔵で今も木樽で手作りしている醤油屋さんがあります。資料館で醤油のお勉強。醤油は、大豆、小麦、塩、水で作るのが、本当の醤油。大豆が旨味の元、小麦が香りの元だそうです。

通常は、圧搾して火入れをしますが、それをしない、珍しいピュアな生の醤油、濁り醤をお土産にしました。深みがあってすごく美味しいです!

蔵の裏側には堀があり、直接船に積んで出荷していた様子が目に浮かびます。


他にも銭湯を改造した古民具資料館、
甚風呂や、細い路地など、小さいながら魅力溢れる街、湯浅。

夜は船のある造船所から1時間ほど山に入った、龍神温泉に宿泊。昨年の台風12号の爪痕が至る所に残っています。土砂で流れの変わってしまった川、木がなぎ倒されて坊主になっている土手など。でも道路は一部片側交互通行箇所はあるものの、復旧しており、問題ありません。

お湯はアルカリ成分が高く、肌がスベスベになる素晴らしい温泉。足を入れた瞬間、お湯の当たりの柔らかさに驚愕。この温泉水を毎日付けていたら、すごい美肌になりそう。

あー、寄り道って楽しいですね~。
 
07月06日(水)

観光以外の旅の楽しみといえば…食とお酒!

私達はもう中年ということもありますが、普段の食事は7割が和食です。がんもどきの煮物から煮汁がジュワッっと出るときに幸せを感じたり、鮎やさんまのワタの苦味と冷酒のコンビネーションたまらん!という嗜好性。お蕎麦屋で一献傾けるのも大好きです。

そんな私達でも、旅に出ると、その土地の美味しいものは何かな?とワクワクします。まず向かうのは市場。その時の旬のものや、土地の人がどんなものを食べているのかすぐわかるし、市場の活気が好きなのです。あまりお腹がすいていない時は、その場でサクランボなどを300グラムぐらい買って、お昼にしてしまったり、惣菜やパンを買って部屋で食べたり。

これはフランスのナンシーの市場。
Market01.jpg
鳥は羽付きのまま売っているものもあるし、兎が沢山ありました。お惣菜も色々売っていて、キッシュロレーヌの本場だけあり、タルト地のバターの香りも、キッシュの中身の固さも絶妙で、ホント美味しかったです。

ランスはシャンパーニュ地方の中核都市。市内にもポメリーやマムなど大手のセラーがあります。私は、アールヌーボー建築のビラ・ドモワゼル目当てで、フランケンドモワゼルへ。セラー見学とシャンパンの試飲一杯で12ユーロと、特別安くはありませんが、グラスの縁までなみなみと注いでくれるのでお得感があります。都内のシャンパンバーも見習って欲しいなぁ。
Market02.jpg

欧米の食事は一皿の量が多くて、デザートに到達できないことが多いけれど、スペインはバルでタパスやピンチョスが食べられるのでいいですね。一皿3~6ユーロと財布にも優しいし。小魚の揚物やマリネなど、日本人の口にも合います!
Market03.jpg

但し、ハモンイベリコは現地でも高いです。でも量は山盛り。切りたてなので、ふわっと柔らかく、舌上での脂の溶け具合が良くて、濃い目の赤ワインが進んでしまいます。
Market05.jpg

こちらはバルセロナのサンジュゼップ市場。結構観光客向けな感じですが、ぶら下がっているサラミから、芳しい臭いが漂ってきます。ハモンの足一本持って帰りたいぐらいでした。
Market04.jpg

さて、フランス・スペイン料理は日本でも食べる機会が結構ありますが、フィンランド料理は初めて。こちらは、キノコのサワークリーム和えと、スモークサーモンのサワークリーム和え。いずれも下が黒パンです。
Market06.jpg
黒パンは、サンフランシスコのサワードゥのような酸味がありました。少し土の香りのするようなキノコが美味しいです。クランベリーやラズベリーなどのベリー類が豊富なようで、朝食のヨーグルトにかけ放題。肉料理のソースもベリーソースが結構ありました。トナカイの肉のパテも食べましたが、鹿肉のようで、臭みはなし。

ラトビア、リガの中央市場。体育館のようなカマボコ型の建物が5,6棟並んでおり、ミート館、フィッシュ館、乳製品館などと分かれています。農業も主要産業なようで、チーズや肉が豊富にあります。ソ連時代は、物がなくて、行列していたそうです。ピロシキも売っているのですが、1個30円程度と激安なうえ、揚げたてで美味しかったです。魚はサーモンやニシンが中心。
Market07.jpg

ドイツといえばソーセージ&ザワークラウトというイメージ。最初食べると美味しいと思うのですが、大抵飽きちゃうんですよね。ベルリンはカレーブルストという、ソーセージにカレー粉とケチャップが付いているのが名物だそうですが、私達はちょっと。。。各地に特色がありますが、ニュールンベルガーという、ニュールンベルグのソーセージがスパイスやハーブが効いている味わいで、一番好きです。

そしてやっぱりドイツはビールが美味しい!まず注ぎ方が泡が美味しくなるように注いでくれます。フィンランドでは、泡がなくて、グラスの上まで注いでいないのが何度も出てきて少しびっくりしたけど。ホップや麦芽の香りが口いっぱいに広がります。ミュンヘン名物のヴァイスビアという小麦の薄濁り白ビールもほんのり甘くて、爽やかな味で好きでした。

どこの国に行っても感じたのは、皆さん屋外が好きなんだ、ということ。北のほうは特に、夏の間に太陽を浴びたい!という欲求があるのでしょう。これは、ミュンヘンの英国庭園のビアガーデン。日曜の昼下がり、大盛況でした。湿気が無いこともあり、とても気持ちがよいのです。
Market08.jpg

それほど冬寒くないフランスやスペインでも、お店の前の歩道でテーブルが出ているところや、大通りの真ん中を遊歩道にしてあり、並木の木陰のところにカフェやバルの歩道支店を出している所が非常に多いのです。店の中に殆ど人がおらず、歩道支店で稼いでいる感じ。特にスペインで面白かったのは、歩道を歩く女性を、テーブルから目で追う男性達。連れの女性にたしなめられるほどジーッと見ている人もいて、ラテン男子のお元気ぶりを垣間見ました。

EU統合後は、ドイツやフィンランドにも南欧の野菜やオリーブ油などが安く入るようになり、食生活に彩りが増したそうです。そうはいっても、フィンランドではワインが高かったけれど。。。ドイツでイタリアワインが安いのは隣国で輸送コストも安いからなのでしょうね。おかげで、フィンランド以外、ワインは安いうえに、どこもグラスに大盛りで、「これでなくっちゃね~」と。アロマを楽しむにはグラスの半分以下で、と言われますが、普段の食事にそんなことは関係ないようです。

そして今回一番時代の変化を感じたのは、お寿司があらゆるところで売っていたこと。スーパーのみならず、駅や空港のスタンドでサンドイッチの横に「Sushi Box」を売っているのです。中身はサーモンの握りやカリフォルニアロールで食指が動くようなものではなかったですが、回転寿司から更に身近になっているのがびっくりでした。ベルリンで世界旅行中の友人と落ち合った寿司チェーン店は、現地の方々で満席でしたし。自国の料理がグローバルに支持されているのを見るのは嬉しいものですね。例えそれが、私達から見たら純正なものでなくても。
 
07月03日(日)

観光以外の旅の楽しみといえば…エンタメ!

旅の楽しみは色々ありますが、観光や食事以外にいつも楽しみにしているのが音楽や演劇などのエンターテインメントです。その土地の人が楽しんでいるものを一緒に楽しむ。その国の伝統の音楽や、誇りとする文化に触れることで新しい発見があったり。幕間にワインでも飲みながら、来ている人のファッションや立居振舞いを見るのも面白いです。

もう一つ良いのは、来日公演では現地の倍以上の価格でチケットが販売される一流のオーケストラやオペラを安く聴けること。しかも会場のホールやオペラ座が、19世紀に建てられたものであれば、更に良し。サントリーホールや東京文化会館が悪いとはいいませんが、名指揮者・ソリスト達の公演が100年以上も行われ、内装も壮麗な歴史的建造物が醸す落ち着きは東京には無いものです。また歴史ある教会・大聖堂が会場になることもあり、これもまたドームへの音の反響など、ホールとは違った雰囲気が楽しめます。

今は、ネットで事前にチケットを購入できることも多く、欧州では直接劇場のボックスオフィスに行かなくても観光案内所でチケットを売っていたりするので(手数料は取られますが)便利ですね。

過去、ウィーンのオペラ座でドミンゴや小澤征爾を聴けたことは、幸運な思い出として残っていますし、楽友協会ホール内部の華やかさは眼に焼きついています。ニューヨークで見たミュージカルやジャズのライブも、ノリの良い米国の観客の盛り上がりで楽しさ倍増。中国で見た京劇は歌舞伎と比較できたり。今回もそんな出会いを願いながら、各地でコンサートやオペラに行きました。

パリ:新オペラ座「フィガロの結婚」
旧オペラ座ではなかったのが残念。一番前しか空いていないと言われ、さすがにチケットは奮発しましたが、日本で来日公演が4、5万することを思えば3分の1程度。パリの男性はスカーフ使いなどお洒落な人が多かったです。
   
バルセロナ:教会でクラシックギターのコンサート、翌日フラメンコショー。
公演が始まるのが21時過ぎと遅いので、バルで食事をしてから。スペインはフラメンコギターの方が有名かもしれませんが、クラシックギターの伝統があります。昔はナルシソ・イエペスという名手がいましたね。
Ent01.jpg
フラメンコは元々はアンダルシア地方発祥で、カタロニア地方の伝統ではないけれど、あちこちでショーをやっています。小劇場なので迫力満点。女性のダンサーのふくらはぎの筋肉の美しさが印象的。

ヘルシンキ:残念ながら機会なし。北欧のジャズを聴きたかったけれど、プログラムがイマイチ。

リガ:国立オペラ座「ドン・ジョバンニ」。
リガはオペラフェスティバルの最終日だったので、4階席しかありませんでしたが、一人千円以下でした。しかもこんな素敵なオペラハウスで。
Ent03.jpg

Ent04.jpg
超現代的な演出で、ドン・ジョバンニがビキニの海パンで出てきてびっくり。オペラは現代に生きる演劇なのだとあらためて感じます。

ベルリン:ベルリンシベリウス交響楽団 シベリウス&ショスタコービッチ
     ベルリンフィル ヘンデル&ラモー
ベルリンのコンツェルトハウスでフィンランドの作曲家シベリウスの交響曲を聴けました。
Ent05.jpg
ヘルシンキ郊外で白樺や青麦が風にそよぐ音を感じてきた後だったので、シベリウスの音の情景を少し理解できたような。
Ent02.jpg
翌日のベルリンフィルは二等席でしたが、3千円ちょっとの「信じられない」お値段。私はクラシック音楽を評価できるほどの耳はありませんが、音の粒立ちが凄くて、前日のオーケストラとの格の違いを見せつけられました。

ミュンヘン:ミュンヘンフィル ハイドン&マーラー
大好きなマーラーの交響曲5番を最後の夜に聴いて旅を締めくくれたのは良かったです。マーラー自身がこのオーケストラを指揮したこともあったそうで、得意分野なのかも。

欧州のホールでクラシックを聴く時、いつも羨ましく思うのは、チケットの価格に幅があること。7段階ぐらいの席種の中で、一番安い席は千円前後。学生や子供連れでも無理なく楽しめます。感受性が豊かな若いうちに、何回も聴きに来られる環境が、ファンを育てることになるんだろうなぁ、と思います。観客の高齢化が進んでいる日本の伝統芸能も、最低料金をその位に下げて気軽にさっと行ける値段にすると、見る回数が増えたり、おばあちゃんが孫と楽しめたり。将来への種まきとして、子供・学生料金や家族料金などを積極的に設けてほしいですね~。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。